表計算の最低でも覚えるべき関数はコレ!

表計算
スポンサーリンク

 

あなたは表計算を勉強していて、

覚えるべき関数を絞れればな・・・

と思ったことはありませんか?

表計算において覚えるべき関数を絞れれば、勉強の効率化から勉強時間の短縮に繋がり、
余った時間を他の勉強に充てられるでしょう。

そこで今回は、基本情報技術者試験における表計算で、
これだけは覚えとけ! という関数を集めてみました。

 

今回抽出した関数は、平成21年春期から平成30年秋期までを対象に、
出題率が高かった関数をピックアップしました。

出題率が高い関数よりソートを掛けているため、
上位で紹介している関数ほど重要度が高くなっています

 

また今回は、Excel内において使用する関数名も合わせて表記してあります。

基本的には、試験で使う関数名の部分をExcelの関数に置き換えて、
カッコで指定するパラメーターを書き換えるだけで使用できるようになっています。

例.最大(セル範囲)・・・MAX

・試験
最大(セル範囲)

・Excel
MAX(セル範囲)

もし関数をExcelで試そうと思っているのであれば参考にしてください。

今回掲載しているExcelの画像は、Excel 2010のものになります。

 

シロ
シロ

表計算で覚えるべき関数って
いっぱいあるんだね

チョコ
チョコ

そうだな。
こうして書き出してみると、結構な量に感じるな

シロ
シロ

ただどの関数も、特別難しい関数ではないよ。
もし難しいと感じるのであれば、
一度Excelとかの表計算ソフトで試しに使ってみると良いね

チョコ
チョコ

自分で値を入力して、関数を使って正しい値が出てくると、
関数への理解度が飛躍的に伸びるからな。

シロ
シロ

実際にやったことのあるという経験は、
試験だけでなく、仕事にも生かせるようになるから覚えておいてね

スポンサーリンク

 

・論理積・・・AND

書式:論理積(論理式1,論理式2…)

論理積は、書式内に記載した論理式の値を見て、両方を満たす場合にTRUEを返します。

またカッコ内の論理式に関しては、論理式1,論理式2,論理式3,論理式4,…といった感じで
いくらでも内部の論理式を増やせるようになっています。

 

ちなみに論理積は、基本情報技術者試験における表計算問題の中でも、
トップクラスに出題率が高い関数です。

特に難しい関数ではないため、できる限り早めに覚えて、
他の関数と組み合わせた使い方を勉強しておきましょう。

 

・照合一致・・・MATCH

書式:照合一致(式,セル範囲,検索の指定)

「#N/A」は、該当する結果が無いという結果です。

照合一致は、指定した範囲内のセルの中から、式に合った位置を検索します。

 

注意すべきは、検索の指定について。

照合一致における検索の指定は、「0」と「1」と「-1」が設定可能であり、
それぞれ

0は、等しい値を検索
1は、最大の値を検索(セル範囲が昇順にソートされている必要あり)
-1は、最小の値を検索(セル範囲が降順にソートされている必要あり)

というように設定されています。

また検索の指定でセットする値は、すべて関数に入力する式を基準に抽出をします。

そのため1つ目の表では、680未満の最大の値を。

2つ目の表では、680を超える最小の値を元に値を返しています。

ちなみに照合一致は、検索の指定を省略することができます。

省略した場合は、デフォルトで「1」が設定されるため注意しましょう。

 

照合一致は初心者が躓きやすく、実践してみなければ分かりづらい関数であるため
実際にExcelといった表計算ソフトで試しておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

 

・論理和・・・OR

書式:論理和(論理式1,論理式2…)

論理和は、論理式の値を見て、
どちらかの条件を満たす場合、TRUEを返す関数です。

また書式内に書ける論理式は、
論理式1,論理式2,論理式3,論理式4,…といったようにいくらでも増やせます。

 

論理積(論理式1,論理式2…)・・・AND
の親戚のような関数であるため、セットで覚えてしまいましょう。

 

・IF・・・IF

書式:IF(論理式,式1,式2)

IFは表計算において、よく使われる関数の1つです。

書式は単純であり、
指定した内容が論理式に当てはまるかどうかをチェックして、

・当てはまった場合は、式1を
・当てはまらなかった場合は、式2を

返す関数となっています。

 

また論理和(論理式1,論理式2…)・・・ORや論理積(論理式1,論理式2…)・・・AND
といった他の関数と複合して使う場面が多いため注意が必要です。

 

・表引き・・・INDEX

書式:表引き(セル範囲,行の位置,列の位置)

表引きは、セルの範囲を基準として、
指定した行の位置と列の位置に対応したセルの内容を取得します。

複数の関数を組み合わせて使う可能性があるため、
表計算ソフトを使って、内容を確認しておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

 

・垂直照合・・・VLOOKUP

書式:垂直照合(式,セル範囲,列の位置,検索の指定)

「#N/A」は、該当する結果が無いという結果です。

垂直照合は、検索条件とする式を元に、
セルの範囲内で列の位置に指定したセルの内容を返すという関数です。

また検索の指定により、完全一致を返すか近似値を返すといった違いがあります。

・近似値  → TRUE
・完全一致 → FALSE

 

また垂直照合・・・VLOOKUPは、
試験だけでなく、社会に出ても使う頻度が高い関数であるため、
是非とも覚えておくようにしてください。

 

・合計・・・SUM

書式:合計(セル範囲)

合計はその名の通り、指定したセルの範囲内の数値を合計するといった関数です。

合計・・・SUMは、特に難しくはありませんが、
セルの範囲として入力する値が複雑になりやすく、
絶対参照といった要素も絡む関数となっています。

また他の関数と複合して出題されるパターンが多いため油断しないでください。

 

・水平照合・・・HLOOKUP

書式:水平照合(式,セル範囲,行の位置,検索の指定)

「#N/A」は、該当する結果が無いという結果です。

水平照合は、検索条件とする式を元に、
セルの範囲内で行の位置に指定したセルの内容を返すという関数です。

また垂直照合(VLOOKUP)と同じように検索の指定により、
完全一致を返すか近似値を返すといった違いがあります。

・近似値  → TRUE
・完全一致 → FALSE

 

単純に垂直照合(HLOOKUP)の横バージョンとして覚えると良いでしょう。

スポンサーリンク

 

・最小・・・MIN

書式:最小(セル範囲)

最小は、セルの範囲内にある数値から、最小の値を返す関数です。

 

特に難しい関数ではありませんが、
他の関数と組み合わさる場合があるため注意してください。

 

・最大・・・MAX

書式:最大(セル範囲)

最大は、セルの範囲内にある数値から、最大の値を返す関数です。

こちらも最小と同じく特に難しい関数ではありません。

また実際にExcelを使う場面でも使用回数が多くなりやすい関数であるため、
できる限り試験勉強の時から、実際に使って慣れておきましょう。

 

・条件付合計・・・SUMIF

書式:条件付合計(検索のセル範囲,検索条件の記述,合計したいセルの範囲)

条件付合計は、検索のセル範囲と条件を元に、セルの内部に入っている値を合計します。

条件付合計が単独で使われているならば、分かりやすいと思いますが、
複数の関数と組み合わせると途端に分かりづらくなるため
事前に関数を試しておくと良いでしょう。

 

・条件付個数・・・COUNTIF

書式:条件付個数(セルの範囲,検索条件の記述)

条件付き個数は、指定したセルの範囲から検索条件に合致するセルの数を数えます

試験での出題率も高いですが、
Excelを使う時にも、とても便利な関数であるため是非とも覚えておきましょう。

スポンサーリンク

 

・照合検索・・・LOOKUP

書式:照合検索(式,検索のセル範囲,抽出のセル範囲)

照合検索は、式に入力した検索したい値を元に、抽出するセルの範囲の内容を返します

 

設定するセルの範囲を列指定にしたり、行指定にしたり出来て、
応用して使うパターンが多い関数になっているため
あらかじめExcelを使って関数に慣れておいてください。

 

・整数部・・・INT

書式:整数部(算術式)

INTは、算術式として入力した値を整数に直す関数です。

また入力した値が、正の値か負の値で処理が少し違います。

例えば、入力した値が8.9であれば、小数点以下を切り捨てて8を。

入力した値が-8.9であれば、ゼロから離れた整数-9を返します。

 

Excelを使っていたとしても、あまり目にしない関数かも知れないですが、
試験ではそれなりに出題率が高いため注意しましょう。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は基本情報技術者試験の表計算において、
これだけは覚えておけ! といった関数を紹介しました。

・論理積(論理式1,論理式2…)・・・AND
・照合一致(式,セル範囲,検索の指定)・・・MATCH
・論理和(論理式1,論理式2…)・・・OR
・IF(論理式,式1,式2)・・・IF
・表引き(セル範囲,行の位置,列の位置)・・・INDEX
・垂直照合(式,セル範囲,列の位置,検索の指定)・・・VLOOKUP
・合計(セル範囲)・・・SUM
・水平照合(式,セル範囲,行の位置,検索の指定)・・・HLOOKUP
・最小(セル範囲)・・・MIN
・最大(セル範囲)・・・MAX
・条件付合計(検索のセル範囲,検索条件の記述,合計のセル範囲)・・・SUMIF
・条件付個数(セルの範囲,検索条件の記述)・・・COUNTIF
・照合検索(式,検索のセル範囲,抽出のセル範囲)・・・LOOKUP
・整数部(算術式)・・・INT

 

是非とも紹介した関数を頭に入れて、表計算の問題で高得点を取れるように頑張ってください。

また以下のページでは、
試験における表計算の問題において、問題を答えるための勉強法やコツについて解説しています。

基本情報技術者試験 表計算の問題を解くための"勉強と準備"について
こちらでは基本情報技術者試験における表計算の"勉強と準備"について解説しています。表計算は問題が簡単そうに思えますが、決して油断できる内容ではないため注意が必要です。
基本情報技術者試験の表計算問題を解くための"コツ"について
表計算の問題をスムーズに確実に解くためのコツについて解説しています。ミスが発生しやすく、初心者が躓きやすい表計算の問題を解くために参考にしてください。

表計算の問題を答えるための準備についても解説しているため、
表計算の勉強方法に悩んでいる人は是非とも参考にしてください。

コメント