「重要!」令和2年度10月の基本情報技術者試験は延期となりました

注意事項
スポンサーリンク

2020年9月18日、基本情報技術者試験を統括するIPA(情報処理推進機構)より、
令和2年10月に実施する基本情報技術者試験が延期するという発表が有りました。

そこで今回は、

といったポイントについて解説をしていきます。

 

ちなみに今回の試験延期において特に重要なのは、

・試験の延期により受験手数料が返還になった
・代替試験を受ける場合は、新たに申し込みが必要になる

といったポイントです。

また今後実施される試験においては、
CBT方式を採用しているため、代替試験の受験を予定している人は、
CBT方式の試験についても慣れておく必要があるでしょう。

今回記事を執筆するにあたって、
IPA(情報処理推進機構)の公式サイトに掲載されている
「【重要なお知らせ】令和2年度における情報処理技術者試験、
 情報処理安全確保支援士試験の実施について」のページを参考、引用しております。
ページリンク:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_00topic/topic_20200918.html

 

シロ
シロ

そっか、令和2年秋期試験に関しては、
延期が決まってしまったんだね

チョコ
チョコ

残念だが昨今の事情を考えると、
仕方がない措置とも言えるな

シロ
シロ

あと今後実施される試験では、
CBT方式っていう試験方式が採用されるんだね

チョコ
チョコ

ああ。
ちなみにCBT方式というのは、
コンピュータを利用した試験方式で、
画面に表示された問題をマウスやキーボードで解答していく方式だ

シロ
シロ

今までと大きく試験方式が変更されるから、
あらかじめ下調べしておいた方が良いね

スポンサーリンク

 

・試験の延期に対する受験手数料の返還

まず今回の試験延期において、
頭に入れておかなければいけない最重要事項、
それは試験の延期に対する受験手数料の返還。

また今回の試験延期に対する代替試験の受験を考えている人でも、
一度受験手数料の返還が必要になるため注意が必要です。

 

また受験手数料の返還に関しては、
詳細が決まり次第、IPA(情報処理推進機構)の公式サイトに掲載されます。

そのため令和2年秋期試験を受ける予定だった人は、
IPA(情報処理推進機構)の公式サイトをチェックしておくようにしましょう。

ちなみに受験票についても、試験の延期により、
発送されないため注意してください。

 

・延期された試験における代替試験の実施予定日

今後IPA(情報処理推進機構)では、
令和2年秋期基本情報技術者試験の延期に合わせて、
代替試験の実施を予定しているようです。

ちなみに試験の実施予定日は、
令和2年度中(令和2年12月~令和3年3月の複数日を予定)
となっています。

また代替試験における試験方式や試験内容については、

・令和2年春期試験より適応開始予定だった、
 「Pythonの追加、プログラミング能力・理数能力等を重視」を反映

・コンピュータを利用したCBT方式を解答方法として採用

を予定しているようです。

そのため代替試験の受験を予定している人は、
新たに予定されているCBT方式について、
内容を把握しておく必要があります。

 

・今後実施される試験については、CBT方式を採用

令和2年秋期試験の代替試験で実施予定となっているCBT方式の試験は、
コンピュータを利用した解答方式の試験です。

今までは情報処理試験の登竜門であるITパスポートにて、
実施されていた試験方式で、コンピュータの画面に表示された内容を、
マウスとキーボードで解答していくという方式となっています。

 

ちなみにより詳しい情報は、
ITパスポートの公式サイトにおける「CBT方式の試験の説明」ページをご覧ください。

【ITパスポート試験】CBT方式の試験の説明

 

・試験の延期する対する一部免除申請の延長について

令和2年秋期試験の延期に伴い、
基本情報技術者試験の一部(午前試験)では、以下のように免除申請が延長となります。

 令和2年度春期
試験における
一部免除申請
令和2年度10月
試験における
一部免除申請
一部免除申請が
可能となる期間の対応
令和元年6月又は7月の修了試験に合格し、修了認定を受けた者有り有り令和2年度中に実施予定の試験(CBT方式)まで延長
令和元年12月又は令和2年1月の修了試験に合格し、修了認定を受けた者有り無し令和2年度中に実施予定の試験(CBT方式)まで延長
無し有り令和2年度中に実施予定の試験(CBT方式)まで延長
有り有り令和3年度春期試験(CBT方式)まで延長

そのため基本情報技術者試験において、
免除申請を予定していた人は必ず内容をチェックして、
いつまで申請が延長されたのか、内容を把握しておいてください。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は令和2年秋期試験における、試験延期について解説をさせて頂きました。

・試験の延期に対する受験手数料の返還手続きが必要

・延期された試験における代替試験の実施日は、
 令和2年12月から3月の複数日を予定

・今後実施される試験については、
 コンピュータを用いたCBT方式を採用

・試験の延期する対する一部免除申請の延長も実施

 

基本情報技術者試験を統括するIPA(情報処理推進機構)では、
昨今の事情を考慮して、2年後を目途に新しい試験方式に移行するようです。

そのため今後、基本情報技術者試験を受験しようと考えている人は、
申し込み前にIPA(情報処理推進機構)のアナウンスを確認して、
試験方式に変更がないか、チェックする必要が出てきます。

またCBT方式を主体とするならば、
今までの基本情報技術者試験とは、試験会場や試験日、
解答方法といったポイントに大きな違いがあるため注意が必要です。

コメント