4月19日実施予定の令和2年春期試験の取りやめ(中止)について

注意事項
スポンサーリンク

本日3月14日、基本情報技術者試験を統括するIPA(情報処理推進機構)より
以下のような発表がありました。

 本年4月19日(日)に実施を予定していた、令和2年度春期情報処理技術者試験及び情報処理安全確保支援士試験につきましては、実施に向けて準備を進めてまいりましたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、同日の試験実施を取りやめることになりました。

試験実施を取りやめる試験区分

○情報処理技術者試験
 ・ITパスポート試験(特別措置試験)
 ・情報セキュリティマネジメント試験
 ・基本情報技術者試験
 ・応用情報技術者試験
 ・プロジェクトマネージャ試験
 ・データベーススペシャリスト試験
 ・エンベデッドシステムスペシャリスト試験
 ・システム監査技術者試験

○情報処理安全確保支援士試験

 なお、代替試験の実施につきましては、その可否も含め、現在検討中です。
 受験手数料の返還等の詳細につきましては、決まり次第、このページで公表する予定です。

とのことです。

 

また試験の中止に伴い、いくつかの措置について発表がされています。

・一部免除の延長について(2020年3月25日追加)

 令和2年度春期試験において一部免除(基本情報技術者試験の午前試験免除、高度試験、情報処理安全確保支援士試験の午前Ⅰ試験免除)を受験申込み時に申請していた方につきましては、令和2年度春期試験実施の取りやめ(中止)によって不利とならないよう、一部免除申請が可能となる期間を延長いたします。
 詳細につきましては、決まり次第、ホームページでご案内いたします。

・受験票発送の取りやめについて(2020年4月1日追加)

 令和2年度春期試験の受験票につきましては、4月3日(金)発送予定と案内書等に記載しておりましたが、試験実施が取りやめとなったことから、受験票発送は行われませんのでご了承ください。

・受験手数料の返還について(2020年5月13日追加)

 令和2年度春期試験の受験手数料の返還につきましては、以下のスケジュールで実施する予定です。

 ・6月下旬:受験手数料返還の具体的な手続きについて、郵送等で通知します。
 ・7月上旬:受験手数料返還を開始します。

また受験手数料返還の詳細については、
受験手数料の支払い方法によってことなりますので、
IPA(情報処理推進機構)の「受験手数料の返還について」ページを
チェックしてください。

↓以下、受験手数料返還の掲載ページリンクになります。
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_00topic/topic_20200324.html

・令和2年度春期試験の代替試験、
 秋期試験の実施に関する検討状況について(2020年5月26日追加)

 令和2年度春期試験の実施の取りやめ(中止)に伴う代替試験、及び秋期試験の実施につきましては、現在、その可否を含め検討を進めておりますが、今後のおおよその参考となるよう、現時点における検討状況を以下のとおりお知らせします。
 ただし、新型コロナウイルス感染症の今後の状況等により、内容が変わる場合がありますのでご留意ください。決まり次第、ホームページで公表いたします。

・中止になった以下の春期の試験区分については、10月18日(日)に実施する方向で検討しています。
なお、新型コロナウイルス感染症の感染予防確保等の状況から、10月18日(日)に実施する試験区分は、以下の試験区分のうちの一部となる可能性があります。その場合、SG、FE、APを実施し、PM、DB、ES、AU、SCについては、本年11月以降の実施を目指します。
  情報セキュリティマネジメント試験(SG)
  基本情報技術者試験(FE)
  応用情報技術者試験(AP)
  プロジェクトマネージャ試験(PM)
  データベーススペシャリスト試験(DB)
  エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)
  システム監査技術者試験(AU)
  情報処理安全確保支援士試験(SC)

(注)例年、年2回実施している試験区分(SG、FE、AP、SC)については、以上のとおり、令和2年度における実施は、年1回となります。

※本文の一部を抜粋・装飾しています。

引用:IPA(情報処理推進機構)のホームページ

 

では取り急ぎの内容となりましたが、皆様の健康と安全を祈り、
今回の「令和2年春期試験の取りやめ(中止)について」は以上とさせて頂きます。

コメント