午後試験におけるプロジェクトマネジメントの傾向と対策 計算の練習は必須!

選択問題
スポンサーリンク

あなたは基本情報技術者試験における午後試験で出題される、プロジェクトマネジメント問題のとある傾向を知っていますか?

それは計算問題がほぼ確実に出題されるというポイントです。

またプロジェクトマネジメント問題には、知っておくと勉強するポイントが絞れる、注目すべきポイントがあります。

そこで今回は、プロジェクトマネジメント問題における重要ポイントと頻出キーワードについて解説します。

 

プロジェクトマネジメントという分野は、午後試験で出題される問題の中でも、ほぼ間違いなく計算問題が出題されるという特殊な分野となっています。

またどちらかと言えば、知識よりも問題を解いた経験が重要な分野であるため、
過去問題の復習を前提に勉強を進めた方が良いでしょう。

出典および参考資料:今回の記事は作成にあたり、IPA(情報処理推進機構)の過去問題ページより各回の過去問題を参考・引用しております。
シロ
シロ

プロジェクトマネジメントの問題って、人によって得意不得意がハッキリ分かれる分野だよね

チョコ
チョコ

計算問題がほぼ間違いなく出題されるからな。

シロ
シロ

でも午後試験の選択問題において、プロジェクトマネジメントの問題が確実に出題される訳じゃないのが唯一の救いかもね

チョコ
チョコ

苦手な問題や難しい問題をどのように扱うか。こういったポイントも基本情報技術者試験では大事なのかも知れないな

スポンサーリンク

・計算問題が必ず出題されると思っておく

まずプロジェクトマネジメントの勉強を始めるにあたって、1つ重要なポイントを頭に入れておく必要があります。

それはプロジェクトマネジメントの問題では、計算問題がほぼ確実に出題されるというポイントです。

プロジェクトマネジメントにおける計算問題の出題率は、平成21年春期から平成30年秋期までの試験で
15回中15回

過去に出題された午後試験のプロジェクトマネジメント問題において、計算問題は確実に出題されています。

 

また問題によっては、
プロジェクトマネジメント問題のすべてが計算問題になっていたというパターンもあるようです。

ちなみにプロジェクトマネジメントの計算問題において題材になりやすいのは、
開発計画における工数の計算

プロジェクトにおける必要人数や作業量を計算するパターンが多いといった特徴があるようです。

例えば以下の問題をご覧ください。

平成31年春期 午後試験 問6-1
平成31年春期 午後試験 問6-2
平成31年春期 午後試験 問6-3

出典:平成31年春期 午後試験 問6より抜粋

上記の問題は、表に書かれている工数を元に、システムにおける追加開発に必要な工数を求める問題となっていました。

  • 問題の解き方と答え
    答えは「ア」の19。
    表に書かれている工数を元に、開発規模における10%の追加開発が必要になるため、
    (40人月+100人月+50人月)*10%=19人月
    で答えを割り出せるようになります。

基本的にプロジェクトマネジメントで出題される計算問題は、表や文章に書かれている情報を元に、計算式を自分で考えて解く問題となっています。

つまりプロジェクトマネジメントの勉強をする際には、計算問題をメインにして、計算問題の経験を積むように勉強を進めてください。

シロ
シロ

プロジェクトマネジメントの問題は、計算問題の比率が高いと思ったけど。・・・ まさか毎年必ず出題されているとは思わなかったよ

チョコ
チョコ

ただ出題される計算問題は、簡単な四則演算程度で済むパターンもある。だから計算問題が苦手な人でも問題の確認ぐらいはしておこう

シロ
シロ

ちなみに以下のページでは、基本情報技術者試験における計算問題の出題率をまとめているよ

計算問題が出題される分野と割合について(午前試験編)
こちらでは基本情報技術者試験の午前試験における計算問題の出題率について解説しています。計算問題や数学に苦手意識を持っている人、必見です。
計算問題が出題される分野と割合について(午後試験編)
基本情報技術者試験における午後試験は、出題される選択問題の半数程度が計算問題です。そのため基本情報技術者試験に合格するためには、計算問題で点数を稼いでおく必要があります。
チョコ
チョコ

気になる人はチェックしてみてくれ

・プロジェクトマネジメントの知識が必要になる問題は少ない

プロジェクトマネジメントの勉強をするにあたって、もう1つ有益な情報を紹介します。

それはプロジェクトマネジメントの問題を解く際に、
プロジェクトマネジメントの知識が必要になる問題は少ないというポイントです。

またプロジェクトマネジメントで使われるキーワードや用語は、基本的に意味を知っていなくても、分かるようなものが多いという特徴があります。

更に言ってしまうと、問題文の中にキーワードや用語の説明が載っている場合もあるため、プロジェクトマネジメントの知識が無くても何とかなる場面が多いのです。

ただプロジェクトマネジメントの知識が必要でないと言うと嘘になるため、後に解説するキーワードを中心に、最低限の知識だけは把握しておくようにしましょう。

シロ
シロ

プロジェクトマネジメントの勉強をする際には、用語やキーワードをサッと把握する程度に覚えて、それから過去問題の復習に時間を使う方法がおすすめだよ

チョコ
チョコ

プロジェクトマネジメントにおいて、知識と経験どっちが重要かと言われれば、問題を解いたという経験の方が重要だ

シロ
シロ

だからこそプロジェクトマネジメントの勉強をするならば、過去問題の復習をメインに進めてね

スポンサーリンク

・グラフを利用した問題がある

プロジェクトマネジメント問題には、時折グラフを利用した問題が出題されます。

例えば平成30年春期に出題されたプロジェクトマネジメントの問題では、EVM指標値という内容をグラフ化した問題が出題されました。

平成30年春期 午後試験 問6-1
平成30年春期 午後試験 問6-2
平成30年春期 午後試験 問6-3

出典:平成30年春期 午後試験 問6より抜粋

ちなみにこういったグラフの問題をスムーズに解くためには、
問題文を読み取る力を上げるか、グラフを読み慣れるしかありません。

他にもプロジェクトマネジメントという分野の特性上、EVMだけでなくパレード図やヒストグラムといったグラフに関する問題が出題される可能性も考えておく必要があります。

つまりプロジェクトマネジメントの勉強をする際には、過去問題の勉強を優先して、勉強を進めましょう。

シロ
シロ

プロジェクトマネジメントで使われるグラフって、意外に量が多いよね

チョコ
チョコ

そうだな。しかも厄介なのが、種類は多いくせに出題率が低いっていう点だ。

シロ
シロ

だからこそプロジェクトマネジメントのグラフを勉強する際は、根を詰め過ぎないようにね

チョコ
チョコ

ある程度グラフを把握したら、過去問題の復習に時間を当てた方が賢明かもな

スポンサーリンク

・頻出キーワードと重要キーワード

基本情報技術者試験の午後試験におけるプロジェクトマネジメント問題には、問題文に登場しやすい、もしくは出題されやすいキーワードがあります。

そんな出題されやすいキーワードは以下の通りです。

  • 外部設計
  • 内部設計
  • 単体テスト
  • 結合テスト
  • 総合テスト
  • 運用保守コスト
  • ソフトウェアパッケージ
  • 業務プロセス
  • 業務フロー
  • リスク評価マトリックス
  • プロジェクトマネージャー
  • インターフェース
  • EVM
  • ウォータフォールモデル

また問題での使用率や重要度を加味すると、以下のような内容に関しても、勉強をして内容を把握しておく必要があります。

  • 工数
  • 人月
  • ステップ

上記の単位はプロジェクトマネジメント問題において
高頻度で使われる単位であるため、普段の勉強から単位を使うようにして慣れておきましょう。

シロ
シロ

プロジェクトマネジメントの用語は、
「プロジェクトマネジメントの知識が必要になる問題は少ない」
でも言った通り、内容を完璧に覚える必要は無いと思うよ

チョコ
チョコ

ただ知らなくて良いかと言えばそうじゃない。概要だけでもキッチリ把握して、万全の態勢を整えておいてくれ!

シロ
シロ

もし用語の暗記が苦手だ! という人は、以下のページをチェックしてみてね

用語や単語を効率よく暗記するには? 基本情報の暗記法!
基本情報技術者試験の用語や単語を効率よく暗記するには? 関連した用語、用語のイラスト、過去問題といった様々な要素を活用しましょう。
チョコ
チョコ

プロジェクトマネジメントに内容を当てはめるのであれば、「セットで覚える」って方法が有効かもな

・プロジェクトマネジメント問題の出題率について

基本情報技術者試験では、2020年の試験から午後試験における問題割合が、以下のように改正されます。

今回解説したプロジェクトマネジメントについては、同じマネジメント系のサービスマネジメント、そしてストラテジ系と一緒に出題されるため、20%程度の出題率となるでしょう。

また今回の改正は、かなり大規模なものとなっているため、試験に挑む前には必ず改正内容に目を通しておいてください。

基本情報技術者試験の試験改正について
基本情報技術者試験は、2020年(2021年)試験より内容に大きな改正が入ります。午後試験の内容見直しに加えて、選択言語の変更も予定。大規模な改正が予想されるため、これから基本情報技術者試験の受験を考えている人は、必ずこちらのページで概要をチェックしておきましょう。
チョコ
チョコ

今回の改正では、問題比率の他に、配点にも変更があるから気を付けた方が良いぞ

シロ
シロ

マネジメント系に関しては、出題率が低くなっているから、勉強の割合を変更するなりして、スケジュールを上手く調整してね

スポンサーリンク

まとめ

今回はプロジェクトマネジメントの問題傾向と頻出キーワードについて紹介しました。

  • 計算問題が必ず出題されると思っておく
  • プロジェクトマネジメントの知識が必要になる問題は少ない
  • グラフを利用した問題がある
  • 頻出キーワードと重要キーワードは把握だけでもしておく
  • プロジェクトマネジメント問題の出題率は、20%程度と考えておく

プロジェクトマネジメントの問題は、計算問題がほぼ間違いなく出題されるといった、他の分野にはない特徴を持った分野であると言えるでしょう。

またプロジェクトマネジメントでは、知識と経験、どっちが重要になるかというと経験です。

そのため過去問題の復習をメインに勉強を進めるようにしましょう。

他にもプロジェクトマネジメントの問題は、問題文を読解する能力が重要です。

長い文章から内容を掴みとれれば、プロジェクトマネジメントの知識が不足していても、十分に正解に辿り着けます。

 

ちなみに以下のページでは、長文問題に対する耐性や読解力を身に付けるコツについて解説しています。

午後試験の長文問題を解くためのポイントと勉強法
基本情報技術者試験の長文問題を苦手にしている人は必見! 長文問題を解くためのポイントと勉強法を解説しました。

長文問題が苦手なんだよな・・・

と思っている人は、一度内容をチェックしてみてください。

コメント