基本情報技術者試験の直前チェック! 最後の確認事項について

注意事項
スポンサーリンク

さあ、試験がすぐそこにまで近づいてきました。

そこで今回は、基本情報技術者試験における最後の確認をしていきます。

 

もう試験まで時間が有りませんので、サクッと要点だけを掻い摘んで振り返ります。

 

チョコ
チョコ

試験直前においては、勉強よりも優先すべき確認事項がある

シロ
シロ

最悪の場合、試験に参加できないなんて可能性があるから、
ちゃんとチェックしてね

スポンサーリンク

 

・受験票の確認

まずは受験票の確認です。

注意すべきは以下のポイント。

・受験票に写真は貼ってあるか?
・受験票の記載事項に間違いはないか?

特に1つ目の写真については、
貼っていなければ試験を受験させてもらえないので注意が必要です。

そのため写真を貼っていない、もしくは撮っていないという人は、
外出した帰りでも構わないので、証明写真を撮ってください。

そして家に帰ったら即、受験票に貼りつけましょう。

 

また受験票の内容に間違いがある場合は、訂正が必要になります。

詳しくは以下のページにまとめてあるため、
該当する方はすぐにチェックしてください。

受験票が届いたら? 注意事項と確認するべきこと
基本情報技術者試験の受験票は、届いた時点で内容を確認してください。もし内容が間違ったまま試験に合格してしまうと、最悪の場合、合格したことが証明できなくなる可能性も有ります。

 

・試験会場の確認

次に試験会場について確認していきましょう。

注意すべきは以下のポイント。

・会場の場所はどこか?
・会場までどのくらいの時間が掛かるか?
・会場までの交通手段はどのような方法があるか?
・会場までの運賃はどのくらい必要か?

以上のポイントで特に重要なのは、
3つ目の「会場までの交通手段はどのような方法があるか?」という点です。

 

会場までの交通手段をチェックする場合は、

・自宅から試験会場の最寄り駅まで
・最寄り駅から試験会場まで

という2つの交通手段をチェックしておいてください。

また最寄り駅から試験会場までバスで移動する場合、
バスに乗れなくなった時のことを考えて、移動時間を多めに確保しておきましょう。

スポンサーリンク

 

・マークシートの見直しも忘れずに

基本情報技術者試験では、見直しの重要性が高くなっています。

なぜ見直しの重要性が高いのか?

理由は簡単。

基本情報技術者試験は、問題数が多くマークシートを利用しているからです。

そのため解答のズレや記入ミスという点に気を配って見直しをするようにしてください。

そして試験終了5~10分前には、一度ペンを止めて、
記入した解答にミスが無いかチェックしてみましょう。

 

・持ち物の確認

次に持ち物の確認です。

基本情報技術者試験においては、
必要な持ち物有ったら便利な物持ち込んではいけない物といった物があります。

詳しくは以下のページにまとめてあるため、必ずチェックしておいてください。

試験当日の持ち物(絶対に必要な物編) 用意していなければ致命的!
基本情報技術者試験を受験するにあたって、絶対に必要な物。受験票? 筆記用具? 交通費? いいえ、まだまだ必要な物が多くあります。
試験当日の持ち物(あれば便利な物・試験に持ち込んではダメな物)
こちらのページで紹介しているのは、基本情報技術者試験において、あれば便利な物・試験に持ち込んではいけない物です。人によっては必須とも言える物が含まれているため必ずチェックしておきましょう。

 

・自己採点は試験が最後まで終了してから

基本情報技術者試験の自己採点は、午後試験が終了してからにしてください。

なぜ午後試験が終了するまで、自己採点をしてはいけないのか?

少し想像してみてください。

午前試験を自己採点してみたら、60点ギリギリになりそう・・・

こんな状況の時、午後試験に挑む際の集中力をMAXにできるでしょうか?

恐らくほとんどの人が、
集中力を欠いた状態で試験に挑むようになると思います。

だからこそ自己採点に関しては、
試験が完全に終わって、お茶でも飲みながらゆっくりとするようにしてください。

スポンサーリンク

 

・試験開催の有無や試験の変更がないか、IPAのホームページをチェックする

基本情報技術者試験では災害などの影響により、
試験の実施といった内容に変更が出る可能性があります。

また試験の実施に関する場合は、
受験料の払い戻しに関する発表があるかも知れないため、
必ず試験を統括するIPA(情報処理推進機構)のホームページをチェックしておきましょう。

 

ちなみに災害が発生していても自宅は影響が無いといった人もいますが、
試験会場が被害を受けている可能性も考えられるため、
IPA(情報処理推進機構)のアナウンスは確認しておいてください。

↓IPA(情報処理推進機構)の公式ホームページリンク

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験
情報処理推進機構(IPA)の「情報処理技術者試験」「情報処理安全確保支援士試験」ページです。

 

まとめ

今回は基本情報技術者試験の直前における確認事項を振り返りました。

・受験票の確認
・試験会場の確認
・持ち物の確認
・マークシートの見直しも忘れずに
・自己採点は試験が最後まで終了してから
・試験開催の有無や試験の変更がないか、IPAのホームページをチェックする

 

最後に私から、受験生の皆さんへ3つだけアドバイスをしたいと思います。

・焦らないように落ち着いて
・試験時間に注意する
・最後まであきらめない

以上です。

 

・1つ目の「焦らないように落ち着いて」というアドバイスについて

もしかしたら午後試験のふたを開けてみると、
分からない問題で溢れているかも知れません。

しかしそんな時でも、
一度冷静になって、すべての問題に目を通してみてください。

問題文を読み進めてみると、意外に簡単で解きやすい問題が有るかも知れません。

だからこそ「焦らないように落ち着いて」試験を進めてください。

 

・2つ目の「試験時間に注意する」というアドバイスについて

基本情報技術者試験では、基本的に試験時間との勝負になります。

そのため試験時間には、常に注意を払い時間配分を考えながら試験を進めましょう。

だからこそ、分からない問題に出くわした場合は、
一度スルーする方法をおススメします。

解けない問題で悩み続けているより、解ける問題に時間を掛ける方が賢いやり方です。

 

・3つ目の「最後まであきらめない」というアドバイスについて

アルゴリズムやプログラミング言語の問題では時折、

問題文が何を言っているか理解できない・・・

プログラムを追うのが辛い・・・

なんて状況があります。

しかしそんな状況の時でも、諦めてはいけません。

問題を読み進めれば光明が見えるかも知れないのに、
諦めるなんてもったいないと思いませんか?

もしくは、適当に解答を埋めたとしても、運が良ければ正解を拾えるかも知れません。

だからこそ最後の最後まで、問題を解く努力をしてみてください。

 

では、皆様が全力を出せるように、そして幸運が訪れるように祈っています。

コメント