レビュー『基本情報技術者 合格教本』

参考書のレビューと評価
スポンサーリンク
総合評価・・・4.5

本書はこんな人におすすめ

  • とにかく勉強に関する情報量が欲しい人
  • 文章に関する解説で勉強したい人
  • 情報数学の勉強を念入りにしたい人

評価項目

  • 分かりやすさ・・・3.0
  • 問題の量と質・・・4.0
  • 情報数学の解説が充実している・・・プラス星1
  • 学習できる範囲・・・午前試験
  • 本のサイズ・・・A5程度(14.8×21.0cm)
  • 付録の種類・・・過去20回分の午前試験の過去問題
  • 電子書籍・・・あり

「基本情報技術者 合格教本」は、文章をメインとしている参考書であるため、分かりやすさという点では少し物足りなさを感じる参考書です。

しかし情報量の多さに関しては、他の参考書より頭一つ抜けており、勉強を黙々と進めたい人にはピッタリな参考書と言えるでしょう。

 

また2019年秋期より実施された午前試験の試験改正にも対応している参考書であり、
改正対象になった情報数学の情報量に関しては間違いなくトップクラス

そのため「基本情報技術者 合格教本」は、

  • 情報数学の勉強を念入りにしたい人
  • 情報数学に自信がないといった人

上記のような人におススメできる参考書となっています。

 

シロ
シロ

今回紹介する「基本情報技術者 合格教本」は、良い点と悪い点がはっきりしている参考書だよね

チョコ
チョコ

人によって相性が出やすい参考書だから、購入する前にサンプルや実物で内容を確認した方が良いかもな

「基本情報技術者 合格教本」の評価と解説

分かりやすさ・・・3.0

「基本情報技術者 合格教本」は、
文章がメインとなっている参考書です。

また文章を敷き詰めるような構成になっているため、
人によってはかなり読みづらさを感じるでしょう。

ただし図やイラストを使った解説が無いという訳でなく、「試験はこう出る」「出題分析」といった内容により、文章内でもメリハリをつけている参考書でもあります。

そのため文章を読むのが苦手でなければ、十分に買う価値がある参考書となっています。

問題の量と質・・・4.0

「基本情報技術者 合格教本」は、
問題の量に関しては非の打ちどころのない参考書です。

特に付録である過去20回分の午前試験の過去問題集については、午前試験を題材とした参考書の中では、トップクラスとなる問題量と言えるでしょう。

ただ問題の解説については文章が中心であるため読みづらさを感じます。

また図やイラストに関する解説が少ないため、問題の内容を想像できないような初心者には、問題を理解するのが難しい内容となっています。

情報数学の解説が充実している・・・プラス星1

「基本情報技術者 合格教本」は、
情報数学の解説が充実している参考書です。

特に統計やベクトル、行列といった内容については、他の参考書では見ないほど詳しく解説しているため、情報数学の勉強に力を入れたい人にはピッタリな内容になっていると言えるでしょう。

 

ちなみに2020年以降の基本情報技術者試験を受ける場合、情報数学の出題率が上がったため、情報数学の勉強が重要になります。

基本情報技術者試験の試験改正について
基本情報技術者試験は、2020年(2021年)試験より内容に大きな改正が入ります。午後試験の内容見直しに加えて、選択言語の変更も予定。大規模な改正が予想されるため、これから基本情報技術者試験の受験を考えている人は、必ずこちらのページで概要をチェックしておきましょう。

そのため基本情報技術者試験の参考書を選ぶ場合は、情報数学の解説量も購入材料の1つに入れておきましょう。

学習できる範囲・・・午前試験

「基本情報技術者 合格教本」は、午前試験の内容を中心に学習できるようになっています。

また情報量が多い参考書でもあるため、試験の範囲を隅々まで勉強したいという人に向いている参考書と言えるでしょう。

本のサイズ・・・A5程度(14.8×21.0cm)

「基本情報技術者 合格教本」は、基本情報技術者試験を題材とした参考書では一般的な大きさであるA5程度(14.8×21.0cm)のサイズとなっています。

ちなみに本の重さに関しては、
一般的な参考書の平均か少し重いかといった具合です。

そのため他の参考書と一緒に持ち歩く場合は、肩に結構な重量が掛かることを覚悟してください。

付録の種類・・・過去20回分の午前試験の過去問題

「基本情報技術者 合格教本」は、
過去20回分の午前試験の過去問題が付いてきます。

ただしホームページにアクセスするような形になっているため、過去問題の利用期限やパスワードの取り扱いには気をつけてください。

電子書籍・・・あり

「基本情報技術者 合格教本」は、電子書籍が発売されています。

ちなみに電子書籍の見やすさについてですが、文字自体は大きめになっているため、読みにくさについては紙の参考書ほどではありません。

しかし文字数が多いため、ページ数が多いのが玉にキズと言えるでしょう。

まとめ

「基本情報技術者 合格教本」は、とにかく情報量が多い参考書です。

評価項目

  • 分かりやすさ・・・3.0
  • 問題の量と質・・・4.0
  • 情報数学の解説が充実している・・・プラス星1
  • 学習できる範囲・・・午前試験
  • 本のサイズ・・・A5程度(14.8×21.0cm)
  • 付録の種類・・・過去20回分の午前試験の過去問題
  • 電子書籍・・・あり

文章がメインとなっているため分かりやすさに若干の難がありますが

私はイラストによる説明じゃなく、詳しい説明が欲しいんだ!

なんて人にピッタリな参考書です。

 

また情報数学に関する内容については、他の追随を許さないほど充実しているため、情報数学の勉強に力を入れたい人ほど、おススメできる参考書となっています。

更に付録として過去20回分の午前試験の過去問題も付いてくるため、午前試験の対策として勉強をこなせれば、かなり合格に近づく参考書と言えるでしょう。

コメント