就職に就学に給料アップに! 基本情報技術者試験のメリットとは?

初心者向け情報
スポンサーリンク

 

基本情報技術者試験は、毎回3割以下の合格率となっている難しい試験です。

試験に合格するまでの勉強量もかなり多く、一筋縄ではいかない試験と言えるでしょう。

しかし、想像してみてください。

基本情報技術者試験に合格すれば、 就職試験は楽に、資格手当として給料も上がります

時間もお金も手に入り、貴方を一段上のステージに押し上げてくれるのであれば、
時間を掛ける価値があると言えるでしょう。

 

そこで今回は、基本情報技術者試験のメリットについてまとめてみました。

 

基本情報技術者試験は、時間を掛けて取るだけの価値がある資格です。

特に上記の見出しにも書いてある
自信を持てる
という内容は、何物にも代えがたい価値があると言えます。

だからこそ、

就職試験で、他の学生に対抗できる武器が無い・・・

何をアピールしたら良いか分からない・・・

といった考えを持っている学生は、
是非とも基本情報技術者試験の取得を目指してください。

 

基本情報技術者試験を取得できれば、

俺には基本情報技術者試験に合格したという経験がある!

私は基本情報技術者試験を持っている点をアピールしていこう!

といった自信に繋がります。

就職や給料がアップするというメリットだけでなく、
自信が付くというメリットがある基本情報技術者試験。

長い時間を掛けて取るだけの価値がある資格となっています。

 

シロ
シロ

就職や就学で有利になるのは知っていたけど、

単位認定される場合があるのは知らなかったな…

キー
チョコ

オレは資格手当が気になるな
やっぱり資格を取るからには、給料が上がらないと

シロ
シロ

資格手当にもいくつかの種類があるからね。
会社に就職する前には、ちゃんとチェックしておこう!

スポンサーリンク

 

・就職試験において効果アリ!

基本情報技術者試験における最大にして最強のメリット、
それは就職や入試で使えるといったポイントです。

 

基本情報技術者試験を現役の学生が持っていると

なるほど。
この学生は、基本情報技術者試験に合格しているのか

と面接官に好印象を与えられるようになります。

基本情報技術者試験を持っていない就活生とは、明確に大きな差がつくため、
IT企業への就職を視野に入れているのであれば、
是非とも持っておきたい資格と言えます。

 

ちなみに基本情報技術者試験は、
国家資格であり、IT関係の資格としては最も古い部類に入ります。

そのため知名度がバツグンに高く
IT関係の人事担当者であれば知らない人はいません。

他にもIT関係の事業をメインとしない会社でも、
一定の知名度があるといった特長もあります。

 

また基本情報技術者試験は、
取得までにそれなりに勉強時間を費やす試験であるため、
「努力できる」という証明にも繋がる試験になっています。

この「努力できる」という証明は、
就職試験においてかなり重要な指標になるため、
是非とも頭に入れておいてください。

 

シロ
シロ

企業によっては、基本情報技術者試験を持っていないと、

書類選考の時点で落とされる場合もあるね…

キー
チョコ

会社として仕事を受注する際に、
基本情報技術者試験を持っていることが
条件になっている場合があるからな。
そういった会社は総じてレベルが高いから給料や待遇も良いぞ!

スポンサーリンク

 

・他業種からIT業界への就職ならば大きなアピールポイントに

握手

基本情報技術者試験の大きなメリットとして、
他業種からIT業界への転職に効果が高いといったポイントがあります。

というのも、他業種からIT業界へ転職する場合、

・情報系の知識が最低限ある
・パソコンが扱える
・プログラムの基礎知識が備わっている

といった点を備えていないと、
面接でツッコミを受ける、門前払いにされるという可能性が高いからです。

 

そこで効果を発揮するのが、基本情報技術者試験。

基本情報技術者試験に合格していれば、
情報系の知識を最低限有している、プログラムの知識が備わっている
といった印象を、人事部や面接官に伝えられるでしょう。

また年齢が多少高いとしても転職の際に有利になりやすい
といったポイントも、基本情報技術者試験の重要な利点と言えます。

 

ただ注意しておいてほしいのが、基本情報技術者試験という試験は、
キャリアアップとしては少し物足りない資格
という点を頭に入れておいてください。

そのため会社でのキャリアアップを目指している人は、
応用情報技術者試験やデータベーススペシャリスト
といった上位の資格を目指すようにしましょう。

 

チョコ
チョコ

他業種からの転職の場合、
どうやってスキルをアピールするかがポイントだが。・・・

シロ
シロ

「パソコンが使える」面接時に言っても、
言葉で伝えるのは難しいよね

チョコ
チョコ

だからこそ、
基本情報技術者試験のような資格が重要になる

シロ
シロ

知識やスキルをアピールするなら、
知名度も高くて、うってつけの材料になるからね

スポンサーリンク

 

・学校によっては入試優遇制度を採用している場合も

入試

基本情報技術者試験は、
大学入試の際に有利になる入試優遇が、多くの学校で採用されています。

2018年の時点で、実に240校もの学校が入試優遇対象になっているため、
学生の内から取得すると、進路が大幅に広がるでしょう。

 

また基本情報技術者試験を高校生の内に取得できると、
大学生や専門学校生になって、
より上位の試験に挑める時間や自分の時間を確保できるようになります。

これはかなり大きなメリットになるため、
情報系への就職を考えているならば、是非とも頭に入れておいてください。

 

シロ
シロ

高校生の内から基本情報技術者試験に合格できるというのは、
かなり凄いことだよね

チョコ
チョコ

高校生でITパスポートならともかく、
基本情報技術者試験に合格している人は、
中々いないからな

 

・学校によっては単位認定される場合も

基本情報技術者試験のメリットとして、
単位として認定されるというポイントがあります。

入試優遇制度に比べると、実施している学校は少ないですが、
それでも2018年の時点で、125校もの学校が、
基本情報技術者試験による単位認定制度を導入しているようです。

また大学だけでなく、専門学校でも、
同じように単位認定が受けられる学校があります。

 

シロ
シロ

資格による単位認定は、大きいメリットだね

キー
チョコ

だが、単位をもらったからといって、

授業をサボって、内申を落とさないようになw

シロ
シロ

まあ、学生の頃に基本情報技術者試験に合格しておいて、
留年するっていう人はそんなにいないと思うけど・・・

スポンサーリンク

 

・合格してからの更新や有効期限は一切なし

期限なし

合格してからの更新や有効期限は一切なしという点は、
基本情報技術者試験の地味に素晴らしいメリットと言えます。

何故なら他の試験ならば、

・資格の更新が必要である
・更新に費用がいる
・試験に合格しても講習を受ける必要がある
・ソフトウェアのバージョンが更新されると、試験を受けなおす必要がある

といったパターンもあるからです。

 

だからこそ一度合格してしまえば、
半永久的に効力を受けられる基本情報技術者試験は、
あなたの将来に強く影響する資格と言えるでしょう。

 

シロ
シロ

基本情報技術者試験のように、
一度合格できれば、後はノータッチで済むっていう試験は
結構貴重だよね

チョコ
チョコ

特に情報系の資格だと、
試験に合格しても、ソフトの更新によって
再度取得しなくてはならないなんて話もあるからな

シロ
シロ

あと資格を持っているというメリットを受けるために、
面倒な手続きが必要なパターンも多いからね

 

・資格手当で月々5,000円~10,000円給料UP

基本情報技術者試験は、
多くのIT企業で資格手当の対象となっている資格です。

基本情報技術者試験による資格手当は、企業によって異なりますが、
年間で6万円~12万円ほどの資格手当が支給されるようになります。

また一時金として、
年間の手当とは別にお金が支給される場合もあるため、
是非とも覚えておきましょう。

 

キー
チョコ

年間で6万円ということは、月当たり5000円か…

少なくね?

シロ
シロ

いやお給料って、昇進でもないかぎりそんなに上がらないよ。

あと中小企業なら
年間のベースアップが1万円なんて場合もザラだからね…

キー
チョコ

自分で給料を上げる努力は大事ってことか

シロ
シロ

ちなみに資格手当金に関する詳しい情報は、
以下のリンクでまとめてあるよ。
興味のある人は、以下のリンクでチェックしてみてね

合計10万円を超える報奨金も! 基本情報技術者試験の資格手当について
基本情報技術者試験の報奨金(資格手当金)とは? 企業によっては合計で10万円を超える報奨金を支給する企業もあります。

 

・情報系の基礎的知識を学べる

メリットー1

基本情報技術者試験のメリットとして、
情報系の基礎的知識を学べるという点も見逃すことのできない重要なメリットです。

なぜ情報系の基礎的知識を学べる点がメリットとなるのか?

それは基本情報技術者試験で学ぶ内容は、
IT系の企業に勤める上で必要最低限の知識が詰まっているからです。

 

例えば、上司から仕事を教えてもらった時に、

さっきの説明でSQLのワイルドカードとか言われたけど、
イマイチよく分からなかった・・・

なんて状況が発生するかも知れません。

 

しかし基本情報技術者試験の勉強をしていれば、

ああ、だからワイルドカードを指定するのか!

といった形で、話を理解する速度が格段に上がります。

もちろん勉強したすべての内容が役に立つということではないですが、
所々で覚えておいて良かったという場面が出てくるため、
勉強しておいて損は無い内容だと言えるでしょう。

 

ちなみに基本情報技術者試験で勉強した内容は、
更に上位の資格、応用情報技術者試験に流用可能です。

つまり基本情報技術者試験より上位の資格を取得する上でも、
重要な基礎知識となる点を是非とも覚えておいてください。

 

チョコ
チョコ

IT系の企業に就職すると、
知らないプログラミング言語やシステムに触る機会が出てくる

シロ
シロ

そんな時に基本情報技術者試験の内容を勉強していると、
知識の土台があるから、内容を理解するのが早くなるね

チョコ
チョコ

仕事の効率や上司からの評価にも関わってくる重要なポイントだ。
だから是非とも頭に入れておいてくれ!

スポンサーリンク

 

・試験に合格した! という自信を持てる

入試や就職試験に有利になる。

給料が上がる。

確かに明確で大きいメリットです。

しかし、私が個人的に最も大きいメリットと考えているのは、
基本情報技術者試験に合格したという自信を付けられる点です。

 

基本情報技術者試験には、以下のページでも解説している通り、
膨大な勉強時間が必要であり、合格率も高くありません。

基本情報技術者試験に必要な勉強時間とは?
基本情報技術者試験に必要な勉強時間とは? 勉強しなければいけない分野が多く、勉強時間が長くなりやすいため、できる限り早めに勉強を始めるようにしましょう。
20~30%? 基本情報技術者試験の合格率の推移について
基本情報技術者試験の合格率を調べてみるとちょっとした法則が。…… また昭和44年からの合格率をまとめて見ると、現在の試験に至るまで様々な変更が有ったことが読み取れました。

 

だからこそ基本情報技術者試験に合格できれば、

私はこれだけ勉強したんだ!

自分は20%台の試験に合格している!

という自信を付けられるようになります。

そのため自分に自信が無い、武器が無いと思っている人は、
基本情報技術者試験に合格して、何物にも代えがたい自信を付けてください。

 

シロ
シロ

よく資格を持つと自信に繋がるとか言うけど、
基本的には嘘臭さがあるよね

チョコ
チョコ

だが基本情報技術者試験ぐらいの資格になると話は違う。
合格率20%の試験なんだから、
合格したらドーンと自信を持って良いぞ

 

・会社から基本情報を取れというプレッシャーが無くなる

自由

これは経験上の話なのですが、情報系の会社に就職すると、
「基本情報技術者試験を取得しろ!」というお達しが、会社から出される場合があります。

そんな時に、
基本情報技術者試験が有るか無いかで、
その後の業務内容が大きく変化していきます。

具体的には

基本情報技術者試験を持っている人
 ・仕事に集中できる
 ・プライベートの時間を満喫できる
 ・会社から余計なプレッシャーを受けなくて済む
 ・昇進や給料面で有利になる
基本情報技術者試験を持っていない人
 ・仕事の合間に受験勉強をする必要がある
 ・プライベートの時間も勉強に充てる必要がある
 ・試験に合格するまで会社からプレッシャーを受ける
 ・昇進や給料に影響する

といった具合です。

 

かなり大きな違いとなって、その後の社会人生活に影響があるため、
必ず覚えておくようにしてください。

 

シロ
シロ

基本情報技術者試験を取れ、というプレッシャーの掛け方は、
会社によって違いが大きいよね

チョコ
チョコ

特にキツイのは、
業務上、基本情報技術者試験の取得を基準に、
仕事を受けている会社だな。
こういった会社は、試験に合格するまで何度でも受験させられる

シロ
シロ

しかも、試験に合格できないと、査定にも響くからね。
正直言って、キツイよね・・・

スポンサーリンク

 

まとめ

基本情報技術者試験は、自分の可能性を広げる資格です。

・就職試験において効果アリ!
・他業種からIT業界への就職ならば大きなアピールポイントに
・学校によっては入試優遇制度を採用している場合も
・合格してからの更新や有効期限は一切なし
・学校によっては単位認定される場合も
・資格手当で月々5,000円~10,000円給料UP
・情報系の基礎的知識を学べる
・試験に合格した! という自信を持てる
・会社から基本情報を取れというプレッシャーが無くなる

 

持っているだけで就職や入試に有利になり、
将来の収入にも大きく影響するでしょう。

特に学生の内から基本情報技術者試験を持っておくと、
持っているだけで一目置かれる、大きな影響力がある資格となります。

 

ちなみに以下のページでは、
学生が基本情報技術者試験を受験する場合、
頭に入れておきたいポイントについてまとめています。

重要なポイントは4つ。学生が基本情報を受ける時に頭に入れておきたいポイント
基本情報技術者試験は、学生の場合、勉強時間が取れる1~2年目がねらい目です。こちらではそんな基本情報技術者試験を学生が受ける場合の重要ポイントについてまとめてみました。

今後基本情報技術者試験の受験を考えている学生の人は、
是非とも目を通しておいてください。

コメント