ITパスポートを先に受けた方が良い? 情報処理試験を受ける順番について

初心者向け情報
スポンサーリンク

ITパスポートと基本情報技術者試験って、どっちから先に受けたら良いのかな?

情報処理試験に初めて挑む人は、こんな疑問を持ったことがあると思います。

そこで今回はそんな疑問を持ったあなたに向けて、ITパスポートと基本情報技術者試験のどちらを先に受験するべきかを解説します。

 

ITパスポートと基本情報技術者試験における最大の違い、それは難しさと言えるでしょう。

またどちらの資格も、受験するために必要な特別な条件や資格は一切ありません。

そのためどちらの試験を受けようか迷っている人は、
勉強時間がどれだけ確保できるかこれからの自分にどれだけメリットがあるか
という状況を考えて試験に申し込むと良いでしょう。

チョコ
チョコ

ITパスポートと基本情報技術者試験、どちらを受験するか? 学生は悩みどころだよな

シロ
シロ

個人的には、基本情報技術者試験をおススメするよ。やっぱり合格した時のメリットが大きいからね

チョコ
チョコ

ちなみに基本情報技術者試験のメリットに関しては、以下のページにまとめてある

就職に就学に給料アップに! 基本情報を合格した時のメリットとは?
基本情報技術者試験を取得すると、就職や就学で有利に。学生で合格していれば抜群のアピールポイントに。また、資格手当による給料アップといった特典もあります。
シロ
シロ

情報処理試験を受ける前に、必ずチェックしてね

スポンサーリンク

・基本情報技術者試験とITパスポートの概要を確認

まずITパスポートと基本情報技術者試験、どちらの試験を受けるか迷う前に、それぞれの概要を押さえておきましょう。

ITパスポート

  • ITパスポートとは?
    情報技術や情報処理という分野において、基礎的な知識を問われる試験となっています。
  • 試験対象
    学生や新社会人
  • 試験範囲
    ストラテジ系(経営全般の知識)
    マネジメント系(IT管理の知識)
    テクノロジ系(IT技術の知識)
    システム開発(プログラムの作成)
  • 試験時間
    120分
  • 出題数
    100問
  • 試験方式
    CBT方式
    (パソコンを利用して、マウスとキーボードを使い解答する方式)
  • 合格基準点
    1,000点満点中、600点取得で合格
    且つストラテジ系、マネジメント系、テクノロジ系、上記の3分野それぞれで、1,000点中300点以上を取得する
  • 試験の開催日
    随時

といった具合になっています。

 

ちなみに試験範囲について、1つ補足説明を入れておきます。

基本情報技術者試験の試験範囲は、ITパスポートをベースとした内容になっていますが、
内容はより詳しく難易度はより難しくした形になっています。

またITパスポートとは比較にならないほど、
プログラミングやアルゴリズムといった内容が難しくなっている
といった特徴もあるので注意しましょう。

 

シロ
シロ

ITパスポートと基本情報技術者試験の大きな違いは、問題の難易度と試験範囲かな

チョコ
チョコ

他にも試験形式といった細かいポイントにも違いがあるから、気になる人は以下のページをチェックしてくれ

ポイントは6つ。基本情報技術者試験とITパスポートの違いとは?
基本情報技術者試験とITパスポートは、どのような違いがあるのでしょうか? 難易度は基本情報技術者試験の方が高く、試験形式や問題形式といった点に大きな違いがあります。

・受ける順番は、どちらからでも構わない

ITパスポートと基本情報技術者試験は、
どちらも受験資格や年齢制限はありません

そのためITパスポートと基本情報技術者試験、
どちらから受験しても問題ないようになっています。

ちなみにITパスポートから基本情報技術者試験を受けるのは問題ありませんが、基本情報技術者試験からITパスポートを受けるのはあまり意味が無いため注意してください。

チョコ
チョコ

ITパスポートと基本情報技術者試験は、幅広い年齢層が受験しているよな

シロ
シロ

以下のページでは、基本情報技術者試験の受験者データのみをまとめているけど、若い人だと12歳ぐらい、年をとった人だと60歳を超える人も受験しているね

今からでも遅くない! 基本情報技術者試験における受験生の年齢について
基本情報技術者試験の受験生に年齢は関係ありません! こちらではそんな基本情報技術者試験における受験生の年齢について解説しています。
チョコ
チョコ

だから年齢が若い、年をとっているという状況に関係なく、誰でも試験に挑戦できるぞ

スポンサーリンク

・基本情報技術者試験とITパスポートの合格率について

基本情報技術者試験とITパスポートは試験難易度が違うこともあって、合格率に大きな差があります。

基本情報技術者試験の合格率

  • 平成28年春期 30.4%
  • 平成28年秋期 23.6%
  • 平成29年春期 22.5%
  • 平成29年秋期 21.8%
  • 平成30年春期 28.9%
  • 平成30年秋期 22.9%

ITパスポート 合格率

  • 平成28年 48.3%
  • 平成29年 50.4%
  • 平成30年 51.7%

ITパスポートは年平均の値になっていますが、総じて50%辺りを推移。

基本情報技術者試験は、3割に満たない合格率となっています。

また個人的な感覚ではありますが、基本情報技術者試験の場合は、問題の難易度に合格率が左右されるような気がします。

特にアルゴリズムとソフトウェア開発(プログラミング言語)の問題は、難易度によって得点の取得率が大きく変わるため、念入りな勉強が必要と言えるでしょう。

 

シロ
シロ

ITパスポートと基本情報技術者試験の合格率を比較すると、年2回しか実施されない基本情報技術者試験は確実に合格する必要があるね

チョコ
チョコ

逆に言えばITパスポートは、何度失敗しても時間的拘束は少なくて済む。ただ費用は受験の度に掛かるから少ない回数で合格するに越したことは無いな

シロ
シロ

加えてITパスポートと基本情報技術者試験は、令和4年の4月から受験料が上がるから注意してね

チョコ
チョコ

これはなおさら落ちるわけにはいかなくなるな・・・

【緊急】基本情報技術者試験の受験料が上がります!
基本情報技術者試験は、令和4年(2022年)4月の試験より受験料が上がります。またIPAが統括する試験ならば今回の受験料改定が適応されるため、基本情報技術者試験の先を見据えている人にも影響がある話となっています。

・基本情報技術者試験を第一の選択肢に

私は先ほどの見出しで、ITパスポートと基本情報技術者試験は、どちらから受験しても構わないという話をしました。

しかし「どっちの試験を受けるのがおススメ?」と聞かれれば、
私は基本情報技術者試験をおススメします

なぜ基本情報技術者試験の受験を勧めるのか、
それは資格としての価値が、基本情報技術者試験の方が上だからです。

特に基本情報技術者試験は、IT企業への就職試験の時、基本情報技術者試験の有無でふるいに掛けられる可能性があります。

逆にITパスポートの場合は、就職試験の時に有利になるという話はあまり聞いたことがありません。

そのため時間的余裕があるのならば、基本情報技術者試験の取得を目指してください。

・学生かつ苦手意識があるならばITパスポートから

基本情報技術者試験の問題が難しすぎる・・・

基本情報技術者試験のテキストが理解できない・・・

そんな悩みを抱えている学生の人は、ITパスポートからの受験でもOKです。

ただ基本的に就職試験で役に立つのは、基本情報技術者試験からであるため、学生でいられる年数や期間を加味して、ITパスポートを受験するようにしましょう。

・社会人は基本情報技術者試験

すでに会社に勤めている人の場合は、
よほどの事情が無い限り、基本情報技術者試験を受けるようにしましょう。

理由としては、基本情報技術者試験以上の資格でないと、転職やキャリアアップに使えないからです。

また資格手当として申請できるのは基本的に基本情報技術者試験からという理由もあります。

そのため社会人の人は、是非とも基本情報技術者試験の合格を目指してください。

チョコ
チョコ

ちなみに基本情報技術者試験の取得に必要な勉強期間はどのくらいだ?

シロ
シロ

経験者は1ヶ月から2ヶ月、未経験者は3ヶ月以上を目安にした方が良いね

チョコ
チョコ

じゃあITパスポートの勉強時間は?

シロ
シロ

ITパスポートは、基本情報技術者試験の半分ぐらいだと思って良いかな。けど未経験者が多いだろうから、勉強期間は長めに確保しておく方が良いかもね

スポンサーリンク

まとめ

今回はITパスポートと基本情報技術者試験、どちらの試験から受けるべきかというポイントについて解説していました。

ITパスポート

  • ITパスポートとは?
    情報技術や情報処理という分野において、基礎的な知識を問われる試験となっています。
  • 試験対象
    学生や新社会人
  • 試験範囲
    ストラテジ系(経営全般の知識)
    マネジメント系(IT管理の知識)
    テクノロジ系(IT技術の知識)
    システム開発(プログラムの作成)
  • 試験時間
    120分
  • 出題数
    100問
  • 試験方式
    CBT方式
    (パソコンを利用して、マウスとキーボードを使い解答する方式)
  • 合格基準点
    1,000点満点中、600点取得で合格
    且つストラテジ系、マネジメント系、テクノロジ系、上記の3分野それぞれで、1,000点中300点以上を取得する
  • 試験の開催日
    随時

基本情報技術者試験

  • 基本情報技術者試験とは?
    高度IT人材となるために、
    基本的な知識と技術を持ち合わせている事を証明する試験です。
  • 試験対象
    学生から社会人1・2年目程度
  • 試験範囲
    ストラテジ系(経営全般の知識)
    マネジメント系(IT管理の知識)
    テクノロジ系(IT技術の知識)
    システム開発(プログラムの作成)
  • 試験時間
    午前試験:150分
    午後試験:150分
  • 出題数
    午前試験:80問
    午後試験:11問中5問を選択して解答
  • 試験方式
    令和2年秋期試験の代替試験より
    パソコンを使ったCBT方式へ移行予定
  • 合格基準点
    午前試験:100点中60点
    午後試験:100点中60点
    両方の試験で、合格基準点を超える点数を獲得する必要あり
  • 試験の開催日
    春期と秋期の年2回
  • 受ける順番は、どちらからでも構わない
  • 余裕があるならば、基本情報技術者試験を第一の選択肢に
    • 学生かつ苦手意識があるならばITパスポートから
    • 社会人は基本情報技術者試験

基本的にITパスポートも基本情報技術者試験も、どちらから受験をしても問題ありません

ただあなたが、学生か社会人かで、受ける資格を変えていくことをおススメします。

あとはどちらの試験を受けるにしても、勉強時間がそれなりに必要であるため、できる限り早めに勉強を始めるようにしましょう。

 

ちなみに以下のページでは、基本情報技術者試験の難易度について解説しています。

基本情報技術者試験の難易度はどのくらい?受験より難しいって本当?
基本情報技術者試験の難易度は、10人の受験生から2~3人ほどしか合格者が出ないくらい難しい試験です。問題によっては大学受験より難しい問題が出題される場合もあります。

今回比較対象にもあげたITパスポートとも、難易度比較をしているため是非ともチェックしてみてください。

コメント