重い荷物からの解放。正直言って電子書籍はめっちゃ便利

その他
スポンサーリンク

ああ~、参考書が重い。・・・

あなたは基本情報技術者試験の参考書に上記のような悩みを持っていませんか?

そんな貴方におススメしたいのが、電子書籍という参考書です。

正直言って私は、今の電子書籍が利用できる世代の人たちがうらやましく思います。

それほど電子書籍は、軽く持ち出しやすく便利な物なのです。

 

そこで今回は、電子書籍という媒体のポイントについて解説します。

電子書籍は一度使ってみると、紙の参考書には戻れなくなります。

特に基本情報技術者試験のような勉強すべき内容が多い題材では、より電子書籍の便利さが際立つでしょう。

だからこそ貴方も、本屋において基本情報技術者試験の参考書が重いと感じたら、電子書籍での購入を考えてみてください。

シロ
シロ

電子書籍の主なメリットは、持ち運びが楽、紙の参考書に比べて安いといった点だね

チョコ
チョコ

特に持ち運びが楽というポイントは、実際に味わってみると、もう紙の媒体には戻れないほど利便性を感じると思うぞ

シロ
シロ

だって枕のように重い参考書が、スマートフォンかタブレット端末に早変わりする訳だからね。それは戻れなくなるよね

チョコ
チョコ

そもそも基本情報技術者試験の参考書を始めとしたIT系の参考書は、重い参考書が多すぎるんだよ! まあ内容が厚くなりやすいから仕方がないけどな・・・

スポンサーリンク

・持ち運びが簡単

電子書籍の最大のメリットは、
なんと言っても持ち運びが簡単である点です。

基本情報技術者試験のような勉強範囲が広い参考書は、
ずっしりと重く、幅を取ります

それこそ参考書によっては、重さが1キロに届くような参考書も有るでしょう。

しかしそんな参考書も、電子書籍であれば、
スマートフォンやタブレット端末1つで管理可能です。

スマートフォンやタブレット端末をサッと取り出して、移動中や待ち時間に勉強ができる。

これは電子書籍のこの上ない大きなメリットと言えるでしょう。

シロ
シロ

基本情報技術者試験のような試験の参考書は、本当に重いよね…

チョコ
チョコ

基本的に重いし、幅を取る。そもそも参考書によっては、カバンに入らないなんて物もあるからな

シロ
シロ

管理人が学生をやっていた頃は、生徒の間で「枕」なんて呼ばれてた参考書も有ったよ。重さが1キロ以上有ったからね・・・

チョコ
チョコ

まあ当時は電子書籍が出始めの頃だったしな。そもそもスマートフォンやタブレット端末自体が珍しい物だったし

・電子書籍は思った以上に見やすい

電子書籍を使ったことのない人は、電子書籍は文字が小さくて読めない、画像が荒くて、文字が読み取れないといったイメージを持っているでしょう。

しかし、最近の電子書籍は違います。

使っている端末の性能にもよりますが、最近の電子書籍は、画像も綺麗で文字も読み取りやすくできています。

もちろん画像の拡大といった操作も可能であり、場合によっては紙の参考書より取り回しが良いといった場合も発生します。

 

また最近の基本情報技術者試験の参考書は電子書籍を意識してか、
イラストで説明をする参考書が非常に増えました

イラストならば漫画感覚で参考書をチェックできるため、電子書籍のような端末の画面の大きさに左右される媒体でも、スムーズに読み進められるでしょう。

シロ
シロ

電子書籍ならしおり機能があるから、気になるページを即座に開くといった使い方もできるよ

チョコ
チョコ

気になる用語や内容をパッと開いて確かめる、そんな効率的な勉強も電子書籍なら可能だぞ。だから移動中の勉強に最適なんだ

シロ
シロ

本当に良い時代になったよね。

チョコ
チョコ

本当にな・・・

スポンサーリンク

・中身が気になるならサンプルでチェック

ここまで解説しても、まだ電子書籍に関する不安感がなくならない。

そんなあなたには、電子書籍のサンプルをおすすめします。

巷で売られている電子書籍は、
基本的に本の中身を試し読みできるサンプルが配信されています

サンプルを見るのは簡単で、使っている端末に電子書籍を読むためのソフトを入れて、サンプルをダウンロードしたら、後は中身をチェックするだけ。

操作自体は10分も掛からないため、お試し感覚で電子書籍のサンプルを覗いてみてはいかがでしょうか?

シロ
シロ

電子書籍のサンプルは、漫画のサンプルとかと違って、ページ数が多めに設定されている場合が多いよ

チョコ
チョコ

参考書によっては、100ページオーバーのサンプルが付いている場合もある。チェックしてみると「サンプルで見せすぎだろ!」ってツッコミを入れたくなるぐらいだw

・安く買えるから経済的

紙の参考書より1割~2割程度安く売られている場合がある。

これも電子書籍の大きな特長です。

また電子書籍のデータは、販売元にデータが保持されているため、
紙が濡れるといった心配も不要と言えます。

他にも参考書によっては、
ショップで使えるポイントも多く付いてくるといったパターンもあります。

ポイントを利用すれば、他の買い物にも利用できるといったメリットもあるため是非とも頭に入れておきましょう。

 

ちなみに電子書籍として価格が安くなりやすいのは、プログラミング言語の参考書。

実体験で言うと私は、Pythonの参考書を4割引き程度で買えたこともあります。

そのため電子書籍を利用しているのであれば、参考書の価格をチェックして、安いうちに購入しておくのも賢い手段と言えるでしょう。

シロ
シロ

基本情報技術者試験のようなテストを受ける場合、意外に費用が掛かってしまうから参考書で節約できるのは嬉しいね!

チョコ
チョコ

テスト当日の交通費、食事代、テキスト代。基本情報の準備には思いがけない出費も多いからな…

シロ
シロ

参考書によっては、1,000円も安くなっている場合があるから、必ず電子書籍の値段を確認しておこう!

スポンサーリンク

まとめ

電子書籍は、

  • 荷物にならないため、持ち運びが簡単
  • 電子書籍は思った以上に見やすい
  • 中身が気になるならサンプルでチェックできる
  • 安く買えるから経済的

といったメリットが含まれています。

 

また以下の参考書は、イラストを中心に解説をしている「キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者」といった参考書になります。

レビュー『キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者』
『キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者』は、名前の通りイラストによる解説がメインになっている参考書です。ただ、イラストがメインとはいえ、内容はもの凄くしっかりした参考書となっています。

イラストによる解説は、スマートフォンのような小さい端末でも、かなり見やすく作られているため、一度サンプルをチェックしてみて見心地を確認しては如何でしょうか?

重い荷物から解放される、本よりも安い値段で買えるというメリットを考えると、悪い選択ではないはずです。

コメント