レビュー『基本情報技術者試験 C言語の切り札』

C言語の切り札 トップ画像参考書のレビューと評価
スポンサーリンク

 

総合評価・・・5.0
本書はこんな人におすすめ・・・基本情報技術者試験でC言語を選ぼうとしている人
               C言語を初めて勉強するとい人
               基本情報技術者試験においてC言語の勉強で挫折した人

 

評価項目

分かりやすさ・・・5.0
問題の量と質・・・4.5
学習できる範囲・・・C言語、アルゴリズム

本のサイズ・・・A5程度(14.8×21.0cm)
付録の種類・・・なし
電子書籍・・・あり

 

基本情報技術者試験にてプログラミング言語をC言語で挑もうとしている人に、
第一候補としておススメしたい参考書。

それが今回紹介する「基本情報技術者試験 C言語の切り札」です。

何故「基本情報技術者試験 C言語の切り札」をおススメするかというと、
「基本情報技術者試験 C言語の切り札」には、以下のような特長が含まれているからです。

・限りなく分かりやすい説明
・問題の質も量も揃っている
・文法と問題の2部構成で、初心者も安心して勉強が進められる

 

正直言ってこんな親切なC言語の参考書は、私の知る限りでは他にありません。

だからこそ基本情報技術者試験においてC言語の勉強を始めるならば、
まず「基本情報技術者試験 C言語の切り札」の購入を考えてください。

 

シロ
シロ

「基本情報技術者試験 C言語の切り札」は、
基本情報技術者試験のC言語を解説している参考書としては、
トップクラスに分かりやすいが素晴らしい参考書だね

チョコ
チョコ

まあ基本情報技術者試験のC言語を勉強するならば、
他に選択肢は無いと思えるくらい、優れた参考書だからな。
買っておいて損は無いと思うぞ

 

『基本情報技術者試験 C言語の切り札』の評価と解説

分かりやすさ・・・5.0

「基本情報技術者試験 C言語の切り札」における特筆すべきポイントは、
なんと言っても解説の分かりやすさ。

「基本情報技術者試験 C言語の切り札」の解説の分かりやすさは、
他の参考書の追随を許さない程と言えます。

 

何でこんなに解説の分かりやすさを押すかというと、
「基本情報技術者試験 C言語の切り札」の解説には、
以下のような特長があるからです。

・図やイラストによる解説が充実している
・プログラムの説明は、1行単位から丁寧な説明が組み込まれている
・必要であれば1行単位の説明でも、図やイラストの解説が入っている
・初心者が理解しづらい難しい言葉を使った解説が無い

 

「基本情報技術者試験 C言語の切り札」ほど、
基本情報技術者試験のC言語を丁寧に解説している参考書は他に見当たりません。

だからこそC言語を初めて勉強する、
情報処理の経験が浅いといった初心者の人は、
「基本情報技術者試験 C言語の切り札」を勉強に活用してみてはいかがでしょうか?

 

問題の量と質・・・4.5

「基本情報技術者試験 C言語の切り札」には、
基本情報技術者試験において過去に出題された12回分の問題と解説が掲載されています。

問題の量に関しては完璧とは言えませんが、
それでも12回分の問題と解説の分かりやすさについては、
C言語を解説している他の参考書より、頭一つ抜けていると言えるでしょう。

 

またC言語の過去問題を解説している参考書は貴重で、
更に解説が充実している点も特筆すべきポイントとなっています。

ちなみに「基本情報技術者試験 C言語の切り札」には、
C言語の問題の他に、アルゴリズムの問題が掲載されているようです。

これはC言語とアルゴリズムが似ているという点を踏まえて、問題を載せているのでしょう。

もちろんアルゴリズムの解説についても、
手を抜いている訳ではないため、十分に勉強に活用できます。

 

学習できる範囲・・・C言語、アルゴリズム

「基本情報技術者試験 C言語の切り札」では、
C言語の基礎的内容と過去問題の復習、
加えてアルゴリズムの過去問題による学習ができるようになっています。

 

また「基本情報技術者試験 C言語の切り札」は、
文法編と問題編の2部構成となっており、
文法編はC言語の文法を、問題編では過去に出題された問題を記載しています。

そのためC言語を触ったことの無い人といった初心者でも、
スムーズに勉強に入れるように工夫がされていると言えるでしょう。

 

本のサイズ・・・A5程度(14.8×21.0cm)

「基本情報技術者試験 C言語の切り札」は、
基本情報技術者試験の参考書としては、
オーソドックスな大きさと言えるA5程度(14.8×21.0cm)のサイズとなっています。

 

また重さについても一般的な参考書と同じくらいで、
「基本情報技術者試験 C言語の切り札」のみを持ち運ぶならば、
問題ないぐらいの重さとなっています。

 

付録の種類・・・なし

「基本情報技術者試験 C言語の切り札」には、
特に付録は付いていません。

 

電子書籍・・・あり

「基本情報技術者試験 C言語の切り札」は、
電子書籍版の販売が有ります。

 

電子書籍版としては、かなり見やすく編集されているため、
一見の価値アリです。

そのため紙の参考書に煩わしさを感じるようであれば、
一度電子書籍版のサンプルをご覧いただくと良いと思います。

 

まとめ

「基本情報技術者試験 C言語の切り札」は、
基本情報技術者試験におけるC言語を解説している参考書としては、
トップクラスに分かりやすい説明を載せている参考書と言えます。

 

評価項目

分かりやすさ・・・5.0
問題の量と質・・・4.5
学習できる範囲・・・C言語、アルゴリズム

本のサイズ・・・A5程度(14.8×21.0cm)
付録の種類・・・なし
電子書籍・・・あり

 

・トップクラスに分かりやすい説明
・過去問題の量が充実している
・副次的にアルゴリズムも学習できてしまう

といった特長があるため、
C言語を勉強するならば是非とも購入を考えておきたい参考書となっています。

正直言って、私の現役時代に「この参考書があればな~」と思ってしまうほどには、
素晴らしい参考書と言えるため、是非とも勉強に取り入れてみてください。

コメント