運に頼るしかない? 基本情報技術者試験は一夜漬けで合格できるのか?

その他
スポンサーリンク

基本情報技術者試験というキーワードを検索すると、
基本情報技術者試験を一夜漬けで合格する方法
こんなキーワードを付けているホームページに出会ったことはありませんか?

非常に魅力的なタイトルだと思いますが、実際のところ、一夜漬けで基本情報技術者試験に合格することは可能なのでしょうか?

そこで今回のテーマは、基本情報技術者試験は一夜漬けで合格することが可能なのか
というポイントに切り込んでいきます。

 

もう見出しからネタバレ感満載ですが、
個人的に基本情報技術者試験の一夜漬けは無理だと思います。

人によっては予想通りの結果かと思いますが、物好きな方は以下の考察にお進みください。

シロ
シロ

今回、一夜漬けをするにあたって想定した状況は、情報処理が未経験で、60点という合格ラインを目指すといった感じだよ

チョコ
チョコ

どう考えても無謀だよな

シロ
シロ

うん。ただ不可能であるという前提で話を始めると身も蓋もないから、どうにか合格を目指すという形で想定したよ

チョコ
チョコ

一夜漬けの場合24時間どころか、12時間程度しか勉強時間が無いからな。スケジュールを立てる暇もないのか

シロ
シロ

無謀とか無茶を通り越しているよね・・・

スポンサーリンク

・不可能だと思う理由

ズバリ結論から。

基本情報技術者試験を一夜漬けで合格しようと思うなら、運に頼るしかありません

ちなみに基本情報技術者試験に合格するために、当サイトでは以下の方法を推奨しています。

  • 過去問題の復習(午後試験における長文問題の勉強を含む)
  • 用語と計算式の暗記
  • アルゴリズムの勉強
  • プログラミング言語の勉強

上記の勉強を一通り済ませるだけで、かなり熟練した経験者でも50時間

未経験者なら100時間を優に超えます。

詳しくは以下のページを参照してください。

基本情報技術者試験に必要な勉強時間とは?
基本情報技術者試験に必要な勉強時間とは? 勉強しなければいけない分野が多く、勉強時間が長くなりやすいため、できる限り早めに勉強を始めるようにしましょう。

 

ただ、上記の勉強法は、基本情報技術者試験を確実に合格したい場合に限ります。

そのため勉強量を合格ラインの60点に合わせて、限界まで勉強量を減らしてみました。

すると以下のような内容になります。

  • 用語と計算式の暗記
  • プログラミング言語の勉強

では、上記の内容でいくつかのパターンに当てはめていきましょう。

シロ
シロ

用語と計算式の暗記、プログラミング言語の勉強で60点か。・・・ 普通にムリだよね。

チョコ
チョコ

正直言って、不可能に等しい。そもそも勉強時間が、一日どころか12時間程度しか無い時点でこのくらいしか勉強できないだろ

シロ
シロ

あとは本人の能力次第といったところだけど、一夜漬けの勉強で基本情報技術者試験に合格できるならば、もっと難しい試験にサクッと合格できると思うよw

・未経験の人間ならば ほぼ無理

まずは未経験の人に、先ほども説明した以下の勉強法を当てはめてみます。

  • 用語と計算式の暗記
  • プログラミング言語の勉強

上記の勉強を進めると恐らく予想ではありますが、12時間という勉強時間では、
用語の暗記が半分も終わらずに勉強は終了するでしょう。

ちなみに基本情報技術者試験で使われる用語は、1000語程度と言われています。

 

またかろうじて用語を覚えられたとしても、次に待ち構えるのは、計算の数々。

はたして12時間という時間だけで、用語の暗記と計算の勉強を終わらせられるのでしょうか?

基本情報技術者試験の勉強を少しでもやった経験のある人なら、ムリという状況が想像できるはずです。

あとは、選択問題で正解になることを祈りましょう。

シロ
シロ

ちなみに基本情報技術者試験における問題は、すべて選択式になっているよ

チョコ
チョコ

「それならいけそうだな!」と思ったそこの君。その考えは実に甘い! なぜなら基本情報技術者試験における午後試験の問題の選択肢は、最低でも4択、多ければ10択なんて場合もあるぞ

シロ
シロ

感覚的には、宝くじに当たるような確率になるだろうね

チョコ
チョコ

ちなみに以下のページでは、基本情報技術者試験で出題された歴代の試験における選択肢の割合をまとめてある

“イ”それとも“ウ”? 正解が多い選択肢は?
基本情報技術者試験の選択肢において、正解になる選択肢に偏りはあるのでしょうか? 過去10年分の試験の統計情報を使いちょっとオカルトのような内容をまとめてみました。
シロ
シロ

昔は迷ったら”ウ”を選べなんて噂もあったけど、今はどう考えても無謀だから試さないようにしてね

スポンサーリンク

・アドバイスや勉強法が有ってもかなり厳しい

では、誰かに教えてもらって、試験に合格することはできないでしょうか?

結論から言えば、無理です。

理由としては、試験におけるコツや効率的な暗記方法を教えてもらったとしても、
絶対的な勉強量は変わらないからです。

 

また試験に出された問題から、選択肢の傾向や試験の傾向を教えてもらったとしても、傾向はあくまで傾向。

正解を直接教えてもらえるような状況でないと、合格は厳しいと言えるでしょう。

ちなみに基本情報技術者試験は、過去問題からの流用が多いため、人によっては問題の暗記だけで乗り切れるという考えを持つ人もいるかと思います。

しかし過去問題からの流用が多かったのは、午前試験に限った話。

基本情報技術者試験は令和2年の試験をもってパソコンを利用した試験方式、CBT試験へと移行しました。またCBT方式への移行により、出題された問題が公開されなくなったため、
過去問題が出題されるとは断言できなくなりました。ただ独特な問題への慣れ、覚えた知識の復習といった点により、勉強方針としては今までと同様に、過去問題の復習がメインになると思ってください。

午後試験に関しては、
選択肢の数が問題によって違って出題される内容もランダムに近いため、かなり無謀と言えるでしょう。

シロ
シロ

そりゃ無謀という結論は変わらないよね。アドバイスをもらったとしても、勉強量は変わらないから

チョコ
チョコ

じゃあ、誰がやっても一夜漬けは不可能なのか?

シロ
シロ

もちろん不可能じゃないよ。プログラミングの経験が有って、普段から特定のプログラミング言語を触っている場合は別だね

・情報処理の経験と勉強実績がある場合は別

では基本情報技術者試験を一夜漬けで受験する場合、誰がやっても合格できないかというと、そういう訳ではありません。

見出しにもある通り、情報処理の経験が有って、前もって情報処理を学習している人ならば、十分合格できる可能性があるでしょう。

ただし一夜漬けで試験に合格する場合には、以下のような条件が追加されます。

  • 普段からプログラミングの仕事もしくは学習をしている
  • Java、C言語、Python、アセンブラ、表計算(マクロを中心)で仕事もしくは学習をしている

以上の条件に情報処理の経験が組み合わさって、ようやく一夜漬けの勉強によって可能性が見えてくるといった感じです。

ちなみになぜ上記の条件を満たしていると、合格の可能性が見えてくるのかというと、午後試験はプログラミングとアルゴリズムの配点割合が大きいためです。

 

プログラミングとアルゴリズムの問題における配点は、それぞれ25点

両方合わせれば、50点もの点数が稼げるようになっています。

そのためプログラミングとアルゴリズムの点数が高ければ、合格する確率がグッと上昇するでしょう。

チョコ
チョコ

じゃあ基本情報技術者試験は経験者なら、一夜漬けでも十分合格できるんだな?

シロ
シロ

可能ではあると思うよ。少なくとも運に頼らざるを得ない状況は、減ると思う。でも用語をどんなに暗記したとしても、最終的には運に頼る必要があるよ。

チョコ
チョコ

そう甘くはないってことだな

スポンサーリンク

まとめ

今回は基本情報技術者試験において、一夜漬けの勉強で試験に合格できるのか? といった内容を取り挙げました。

考察した結果は、

  • 情報処理の経験を元々持っている
  • 試験で出題されるプログラミング言語の構築経験がある

上記の条件ならば、合格できる可能性があるといった感じです。

 

また基本情報技術者試験に一夜漬けで臨む場合は、経験者であっても運に頼らざるを得ないと言えます。

ましてや未経験者ならはっきり言って無理です。

それこそ100%に近いレベルで運に頼る必要があります。

皆さんはこんな一夜漬けのような無謀な計画はしないように、前もって勉強のスケジュールを考えて、基本情報技術者試験に挑みましょう。

基本情報ような試験ほど有効! スケジュール表を取り入れた勉強計画
スケジュール表を取り入れた勉強には、「到達目標が明確になる」「自分がどれだけ成長しているか一目でわかる」といったメリットがあります。特に基本情報技術者試験のような長期間勉強しなくてはいけない試験では、スケジュール表を取り入れるかどうかで試験の結果が大きく変わるでしょう。

コメント