勉強時間の短縮に。参考書の選び方(アルゴリズム編)

アルゴリズム
スポンサーリンク

アルゴリズムの参考書は、解説が充実しているというポイントを最優先に考えましょう。

解説が充実している参考書を選べば、
アルゴリズムを習得するまでの時間を短縮できて、運に頼らない解答ができるようになります。

そこで今回は、そんなアルゴリズムの参考書の選び方について解説します。

 

アルゴリズムは出題される問題が難しく、自己流で勉強していると、習得まで時間が掛かる分野です。

そんな状況を改善すべく、アルゴリズム参考書を購入して、アルゴリズムの勉強をスムーズに進められるようにしましょう。

シロ
シロ

アルゴリズムを1から勉強する場合は、参考書を買った方が無難だね。初心者が自己流で挑むには問題の難易度が高すぎる・・・

チョコ
チョコ

アルゴリズムに関しては、過去問題の復習だけだとほぼ間違いなく頭打ちになる。

シロ
シロ

結局のところ基礎から勉強するのが、遠いように見えて一番の近道だから根気強く勉強するしかないね

スポンサーリンク

・イラストの解説が充実しているかを最優先

アルゴリズムの参考書を購入する場合、1番に優先したいのは、
フローチャート(流れ図)やイラストによる解説が充実しているという点です。

基本的にアルゴリズムの問題やロジックを丁寧に解説する場合は、フローチャート(流れ図)やイラストによる解説が不可欠となっています。

そのためフローチャート(流れ図)やイラストによる解説が充実していない参考書は、即選択肢から外してしまっても構いません。

特に初心者や未経験者の人は、アルゴリズムの話を文章で解説されても理解するのが難しいため、できる限りフローチャート(流れ図)やイラストによる解説が充実している参考書を購入すべきです。
シロ
シロ

初心者や未経験者の人は、アルゴリズムの解説を文章でされても、理解するのは難しいと思う・・・

チョコ
チョコ

そうだな。だからアルゴリズムの勉強は、処理をイメージ化するところか始めて、プログラムの目的を想像しやすいように勉強する

シロ
シロ

だから参考書を選ぶ際にも、フローチャート(流れ図)、イラストといった図による解説を重視した方が良いね

・問題の解説が充実しているかも重要

アルゴリズムの参考書を選ぶ場合、掲載されている問題の量や質といった要素以上に、
問題の解説が充実しているというポイントを重視すべきです。

何故問題の解説が充実している参考書を選ぶか?

理由は単純で、細かいところまで解説が行き届いていないと、問題の内容が分からなくなり、挫折してしまうからです。

そのためアルゴリズムの参考書を選ぶ際には、

  • 問題の解説が充実している
  • 問題の解説にフローチャート(流れ図)やイラストを使っている

といったポイントは、確実にチェックしておくべき項目と言えるでしょう。

シロ
シロ

個人的にはアルゴリズムの勉強をする上で、アルゴリズムで使われている処理を理解するのは、問題を解くこと以上に大事な要素だと思うよ

チョコ
チョコ

処理を理解すると、
アルゴリズムの勉強になるだけじゃなく、プログラミングの勉強にもなる
問題を解けるようになるまでは時間は掛かるが、勉強するだけの価値がある分野だ

スポンサーリンク

・難しそうであれば参考書のレベルを落とす

アルゴリズムの参考書を見てみたけど、難しいそうで手が出ない。・・・

そんな場合は、素直に参考書のレベルを下げて、試験対策本以外の参考書も視野に入れるべきです。

レビュー『アルゴリズムを、はじめよう』
『アルゴリズムを、はじめよう』は、フローチャートやイラストによる解説が充実している参考書です。難しい専門用語が使われていない参考書であるため、初心者や未経験者にピッタリな参考書と言えるでしょう。

上記のリンクで紹介している参考書は、試験対策本ではないため、練習問題は載っていませんが、
ロジックや処理の解説に関してはこの上なく丁寧な参考書となっています。

まるで絵本を読み進めるかのような、分かりやすさを重視しているため、プログラミング初心者や未経験者でもスムーズに読み進められるでしょう。

 

アルゴリズムの勉強に関しては、アルゴリズムによる経験や適性により、勉強する人間によって個人差が出ます。

他の分野より人によって進み方に大きな違いが出るため、
自分のレベルに合った参考書を選ぶようにしましょう。

シロ
シロ

アルゴリズムの参考書は、中身をチェックした時に、「簡単すぎるかも・・・」と思うぐらいがベストだよ

チョコ
チョコ

難しい参考書で勉強を続けても、ストレスが溜まり続けるだけ。それがアルゴリズムって分野だ

まとめ

アルゴリズムの参考書を選ぶ際には、以下のポイントを頭に入れておきましょう。

  • フローチャート(流れ図)やイラストによる解説が充実しているか
  • 問題の解説が充実しているか
  • 難しそうであれば、参考書のレベルを落とす

アルゴリズムの勉強をする場合、「少し簡単かも・・・」と思うぐらいの参考書を選ぶのがベストです。

難しい参考書で勉強を進めても、効率が落ちるだけであるため注意しましょう。

 

ちなみに以下の参考書は、私が自信を持っておすすめするアルゴリズムの参考書となっています。

レビュー『アルゴリズムを、はじめよう』
『アルゴリズムを、はじめよう』は、フローチャートやイラストによる解説が充実している参考書です。難しい専門用語が使われていない参考書であるため、初心者や未経験者にピッタリな参考書と言えるでしょう。
レビュー『うかる! 基本情報技術者 [午後・アルゴリズム編]』
『うかる! 基本情報技術者 [午後・アルゴリズム編]』のレビューと評価になります。イラストやフローチャートによる解説が多く、初心者でも分かりやすいのが特長です。

今回解説した以下の要素を満たしており、

  • フローチャート(流れ図)やイラストによる解説が充実している
  • 問題の解説が充実している
  • 問題の解説にフローチャート(流れ図)やイラストを使っている

初心者や未経験者にもおすすめできる参考書となっています。

是非ともアルゴリズムの参考書を選ぶ際の判断材料にしては如何でしょうか?

コメント