アセンブラ(CASLⅡ・basic)のテスト環境を用意するには?

アセンブラ
スポンサーリンク

 

アセンブラは、問題自体は簡単だけど、

テスト環境を用意するのが面倒そう

あなたは、上記のようなことを考えてはいませんか?

実のところ、アセンブラのテスト環境を用意するのは、とても簡単です。

ものによっては、パソコンをインターネットに繋ぎさえすれば、
試せるようなテスト環境もあるため、
実際に利用してアセンブラのプログラムを試せば、勉強の大幅な効率化ができるでしょう。

 

そこで今回は、アセンブラにおけるテスト環境を
どのように導入するかという解説をします。

ポイントは、以下の3つ。

 

アセンブラは、
試験に出題される問題も簡単であり、テスト環境を用意するのも非常に楽です。

またプログラミングという基礎を学ぶならば、
かなりおすすめできるプログラミング言語でもあります。

是非とも試験合格のため、そして今後のプログラミングのために役立ててください。

※今回紹介するテスト環境は、
 導入する環境によって不具合が発生する場合もあります。
 (特にweb上で実行できるシミュレータ)
 そのためテスト環境を導入する際には、自己責任にて宜しくお願い致します。

 

シロ
シロ

アセンブラは会社で使うってパターンはまず無いけど、

試験に合格するなら、問題は簡単だし、覚えやすいから
かなりおすすめできる言語だよ

チョコ
チョコ

プログラムの基礎を学ぶのにピッタリだから、

プログラム未経験者や初心者にもおすすめできる言語だぞ

午後の選択言語はアセンブラで決まり!覚えやすく試しやすい。
午後試験のプログラミング言語選択に迷っている人は、アセンブラ言語(basic)がおすすめです。アセンブラ言語(basic)は、命令文が少ない、問題が簡単、プログラムが試しやすいといったメリットだらけの言語となっています。

 

・検索キーワードは「CASL2 シミュレータ」

アセンブラのテスト環境は、
インターネットで検索を掛ければいくらでも見つかります。

検索キーワードは、「CASL2 シミュレータ」でOKです。

後は、思う存分アセンブラのプログラムをいじくり回してみてください。

 

またシミュレータの中には、web上で実行できるシミュレータもあります。

自分のパソコン内に、ソフトを入れる必要が無いため、
気軽な気持ちでプログラムを試せるでしょう。

 

シロ
シロ

シミュレータの中には、
GR1やGR2といったレジスタ内の情報を
常時表示しているような使いやすいソフトもあるよ

チョコ
チョコ

個人的なおすすめはwebで動かせるタイプのシミュレータだな。
パソコンにソフトを入れる必要が無いから、
余計な手間とリスクを負わなくて済むぞ

シロ
シロ

ソフトによって実行結果の表示方法が違ったりするから、
自分に合ったソフトを探してね

チョコ
チョコ

物によってはセキュリティリスクを含む場合もあるから、
注意して使ってくれ

スポンサーリンク

 

・参考書には便利なシミュレータが付いてくるパターンも

web上のシミュレータと並び、
おすすめなのがアセンブラの参考書に付いてくるシミュレータです。

 

参考書の付録となっているシミュレータは、
無料のシミュレータとは一味違います。

例えば、プログラム上の記述ミスを修正してくれたり、
プログラムの出力結果を16進数から2進数に変更してくれたりと、
便利な機能が揃っています。

また

・パソコン内にCDを入れるだけでシミュレータが起動できる
・新品の参考書であればコンピュータウイルスの心配がゼロ
・web上で実行できるシミュレータより安定性や安全性が高い

といった点も、
参考書に付いてくるシミュレータをおすすめできるポイントです。

 

シロ
シロ

参考書に付いてくるシミュレータは、お金を出すだけあって、
無料で使えるソフトより機能が一段上だよ

チョコ
チョコ

初心者や未経験者がプログラミングの勉強をする際には、
参考書を元に勉強した方が効率が良い。
インターネットを使って自己流で勉強するのは、
かなりハードルが高いからな

シロ
シロ

ちなみに以下の「基本情報技術者試験CASL2完全合格教本」は、
便利で使いやすいCASL2のシミュレータが付いている参考書だよ

レビュー『基本情報技術者試験CASL2完全合格教本』
『基本情報技術者試験CASL2完全合格教本』のレビューと評価です。CASL2を触ったことのない初心者や未経験者におすすめできる一押しの参考書となっています。
チョコ
チョコ

アセンブラの勉強を始めるのであれば、
是非とも購入を考えてみてくれ

 

・IPAの公式サイトではシミュレータを配布している

アセンブラのテスト環境を探す際には、
IPAの公式サイトで配布されているシミュレータを使うのも1つの手です。

ただしIPAの公式サイトで配布されているシミュレータを使うためには、
コマンドプロンプトでの操作が必要

またディレクトリ操作の知識やコマンドに関する知識が必要であるため
プログラム未経験者や初心者には、扱うのが難しいかも知れません。

ソフトをダウンロードしてみて、よく分からないといった人は、
素直にweb上で使えるシミュレータや参考書に付いてくるシミュレータを使いましょう。

 

シロ
シロ

IPAの公式サイトで配布されているシミュレータは、
少し説明不足なんだよね

チョコ
チョコ

プログラムも何も知らない人間には、
コマンドプロンプトを開いて、
バッチファイルを実行してなんて話は無縁だからな

シロ
シロ

ただディレクトリやコマンドプロンプト
といった内容の勉強が兼ねられるから、
これからIT系の道へ進むといった人や
時間に余裕がある人にはおすすめかも知れないね

スポンサーリンク

まとめ

改めて言いますが、アセンブラのテスト環境を用意するのは、とても簡単です。

だからこそ今回紹介した方法を元に、
アセンブラの勉強を効率化してください。

・検索キーワードは、「CASL2 シミュレータ」
・アセンブラの参考書には、便利なシミュレータが付いてくるパターンも
・IPAの公式サイトでは、アセンブラのシミュレータを配布している

 

また以下のページでは、アセンブラの問題を解くためのコツを解説しています。

基本情報におけるアセンブラ言語の"コツ" 点数をあと10点伸ばすには?
こちらでは基本情報技術者試験における、アセンブラ言語の問題を解くコツを紹介しています。アセンブラ言語は、問題自体が簡単であるため、勉強をしっかりしていれば誰でも満点が狙える言語です。

アセンブラの勉強に使える情報を載せているため、
アセンブラでの得点を伸ばしたい人は必見です。

コメント