今からでも遅くない! 基本情報技術者試験における受験生の年齢について

初心者向け情報
スポンサーリンク

 

高校生で基本情報技術者試験の受験を考えているけど、
おかしいかな?

20代中盤で基本情報技術者試験を受けようとしたら、
「いまさら~w」と笑われた…

基本情報技術者試験を受けようと思っている方で
上記のような経験や考えを持っている方はいませんか?

もしも基本情報技術者試験の受験を年齢で迷っている人は、
一度よく考えてみてください。

他人は他人。自分は自分です。

試験を受けるのは自分自身であり、努力するのは自分次第。

だからこそ他人の意見に左右されずに、試験を受けてみてください。

 

そこで今回は、
基本情報技術者試験における受験生の年齢について解説をしたいと思います。

 

年齢が低くても高くても、受験できるのが基本情報技術者試験

試験会場に行ってみると、若そうな人も年を取っていそうな人もいます。

だからこそ、年齢が若くても年を取っていても関係なく試験に挑みましょう。

出典及び参考資料:
今回の記事は作成にあたり、
IPA(情報処理推進機構)の統計情報を参考にしています。

 

シロ
シロ

基本情報技術者試験の会場に行ってみると、
色んな年齢の人がいるよね

チョコ
チョコ

まあ確かにいろんな年齢の人がいるが、
試験前は人の顔を見るほど余裕はないぞ

シロ
シロ

試験が終わってからも、試験から開放された感覚で、
人の顔を見ている余裕なんてないよねw

スポンサーリンク

 

・基本情報技術者試験に年齢制限は無い

まず大前提として、頭に入れておきたいのは、
基本情報技術者試験に年齢制限は無いということです。

 

よく基本情報技術者試験を受ける人に、年齢に関する質問されるのですが、
基本情報技術者試験には、年齢制限も受験資格もないため
誰でも受験できるようになっています。

ITというものに興味がある人、受験で他の学生と差をつけたい人、
就職で有利になりたい人、給料アップを目指したい人。

どんな人でも受験できるため年齢なんて一切気にしなくてOKです。

就職に就学に給料アップに! 基本情報技術者試験のメリットとは?
基本情報技術者試験を取得すると、就職や就学で有利に。学生で合格していれば抜群のアピールポイントに。また、資格手当による給料アップといった特典もあります。

 

シロ
シロ

たまに「基本情報技術者試験なんてその年齢で取ってどうするの?」
っていう人がいるけど特に気にしなくて良いと思うよ。
説得力のあるアドバイスができて、
その後の人生をサポートしてくれるぐらいの人なら
内容を聴いても良いだろうけど

チョコ
チョコ

何か始めようとすると、足を引っ張る人間はどこでもいるもんだ。
だが合格した後の明確な目標やビジョンが見えているなら、
話を聴く前に勉強を始めよう。
あとは結果を出して黙らせるだけだ!

 

・最年少合格者はなんと9歳! 10代前半、60代の合格も珍しくない

基本情報技術者試験の受験者は、さまざまな人がいます。

中には、10代前半の受験者や60代後半の受験者もいるようです。

例えば、平成31年春期の試験において、
基本情報技術者試験の最年少受験者は、なんと9歳

中学生どころか、小学生の人も基本情報技術者試験を受験しているようです。

 

ちなみに平成31年春期の試験では、
この9歳の受験生が試験に合格したという驚きの事実が判明しました。
プレス発表 平成31年度春期情報処理技術者試験(情報セキュリティマネジメント試験、基本情報技術者試験)の合格者を発表:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
技術・人材の両面から、ソフトウェア及び情報処理システムの健全な発展を支える戦略的なインフラ機能を提供するプロフェッショナル集団として日本経済の発展に貢献

以上の点からも分かる通り、基本情報技術者試験は、
どの年齢の人が受験しても合格できるチャンスがあり、
どの年代の人が受験しても恥ずかしくはない試験と言えるでしょう。

 

シロ
シロ

基本情報技術者試験に9歳で合格って・・・
もう意味が分からないよね

チョコ
チョコ

凄すぎるという言葉しか出てこないよな

シロ
シロ

基本情報技術者試験を受験した事のある人なら、
9歳で合格したという事実がどれだけ凄いのかよく分かるからね

チョコ
チョコ

逆を言えば、10代後半や20代前半で、
試験に合格できない訳はないという証明でもあるな

スポンサーリンク

 

・応募者の年齢は23歳が最も多い

基本情報技術者試験を受ける人の中で、
割合が多いのは19歳から26歳の若い人です。

そして応募者数が最も多いのが23歳という統計が出ています。

 

19歳から26歳の間に
応募者数が固まっているという情報から分かるのは
多くの受験者が、大学か専門学校に入ってから受験を考えている

もしくは会社に入社して業務上必要であるため、
基本情報技術者試験を受けているという点です。

そのため基本情報技術者試験は、
業務経験が少ない人、または情報処理経験の経験が少ない、
初心者向けの試験と言えるでしょう。

 

シロ
シロ

基本情報技術者試験は、取得しておくと就職に有利という点から

学生による受験が多いね

チョコ
チョコ

学生の頃から基本情報技術者試験を持っていれば、
就職する際に相当有利だからな

シロ
シロ

あとは、社会人でも業務上で必要になる、
ステータスになるといった点から
受験しているっていう人も多くいるね

 

・合格率は22歳がトップ

基本情報技術者試験は、
合格者の平均年齢が25.0歳です。

ただ、合格者の大半は22歳から25歳の間であり、
合格者数のピークは22歳となっています。

特に22歳から24歳までの合格率が高く、
この世代だけで合格者全体の3割超を占めているようです。

 

上記のポイントから考えると、基本情報技術者試験は、
業務経験が1~2年の人や学生でも合格できる試験と言えるでしょう。

 

シロ
シロ

22歳から24歳までの合格率が高いってことは、

高校生や大学生の若い人だと合格は難しいのかな?…

チョコ
チョコ

そんなことはない。若い人でも合格している人は多くいる。

ただし学生で合格している人は、
きっちり勉強に取り組んでいる印象があるな

シロ
シロ

学生の時に、基本情報技術者試験に合格するっていうのは、
容易じゃないんだね。・・・

チョコ
チョコ

確かにな。
その代わり就職試験では、もの凄く有利になる場合もある。
例えば、面接が1回免除されたりな

シロ
シロ

それはかなり嬉しいねw

スポンサーリンク

 

・大学生と専門学校生の合格率は約3割

基本情報技術者試験の統計資料には、
学生による受験者数と合格者の統計を取った資料があります。

出典:統計資料(平成30年度)内の在学中の学校等一覧表より

在学中の学校等一覧表によると、
大学生の合格率は、3割を超えるぐらい

全体の合格率より同じくらいか若干高いといった統計が出ています。

ただし、専門学校生の合格率は、
3割に届かないぐらいと低めの数字が出ているようです。

 

また学生の合格率と共に経験年齢別の資料を参考にしてみると、
経験年数が少ないほど、合格率が高いという統計が出ています。

つまり基本情報技術者試験は、学生の内から十分に合格可能であり、
むしろ経験年数が少ない人ほど、合格に近いといったデータがあるようです。

 

シロ
シロ

基本情報技術者試験は、
学生でも勉強すれば十分に合格できるよ

チョコ
チョコ

プログラムの経験が無い方が、
変な先入観が無い分、スムーズに勉強できて、
内容が頭の中に入ってくるのかも知れないな

シロ
シロ

あとは、勉強時間が取れるかどうかだよね。
勉強時間が取れる世代は、軒並み合格率が高いからね

 

・いつ受験しても遅くない。けど効力が高いのは学生の時

私は冒頭で、基本情報技術者試験はどの年齢の人が受験して合格したとしても、
メリットがあるというポイントを挙げました。

ただ基本情報技術者試験の効力が最大限発揮されるのは、
ズバリ受験生が学生の頃と言えるでしょう。

 

基本情報技術者試験は、
高校生や大学生、もしくは専門学校に在籍している時に合格できれば、
就職や就学で大きなアドバンテージを得られます。

面接時にどのような勉強をしていたかを聞かれても、
基本情報技術者試験の名前を出せば、かなりの確率で納得してもらえるでしょう。

 

また企業によっては、
基本情報技術者試験の取得が必須になっている企業もあります。

もしくは入社してから基本情報技術者試験を取らせる企業もあるため、
学生の内に基本情報技術者試験に合格できていれば、
試験勉強をしている同僚を尻目に、仕事で大きなリードを得られるでしょう。

 

チョコ
チョコ

以下のページでは、
基本情報技術者試験のメリットについて解説している

就職に就学に給料アップに! 基本情報技術者試験のメリットとは?
基本情報技術者試験を取得すると、就職や就学で有利に。学生で合格していれば抜群のアピールポイントに。また、資格手当による給料アップといった特典もあります。
シロ
シロ

基本情報技術者試験には今回話した、
就職だけでなく、給料がアップするなんて話もあるから、
是非ともチェックしてみてね

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は基本情報技術者試験における受験生の年齢について解説をしました。

・基本情報技術者試験に年齢制限はない
・最年少合格者は9歳 10代前半、60代の合格も珍しくない
・応募者の年齢は23歳が最も多い
・合格率は22歳がトップ
・大学生と専門学校生の合格率は約3割

・いつ受験しても遅くない。けど効力が高いのは学生の時

 

基本情報技術者試験を受験する場合、誰でも何歳でも関係ありません。

基本情報技術者試験が欲しいと思った瞬間に、
IPA(情報処理推進機構)のホームページにアクセスして、
受験申込のページをチェックしてみましょう。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験
情報処理推進機構(IPA)の「情報処理技術者試験」「情報処理安全確保支援士試験」ページです。

あとは受験に向かって勉強をするのみです。

コメント