基本情報技術者試験の試験改正について

その他
スポンサーリンク

2019年1月24日、基本情報技術者試験を統括しているIPA(情報処理推進機構)よりビッグニュースが発表されました。

その内容とは
基本情報技術者試験の出題を見直すという点です。

具体的な内容を挙げると、

以上のようになっています。

 

どの内容も、今後の試験難易度に大きく関わってくる話であり、受験生も教える人間にとっても、チェック必須の内容と言えるでしょう。

また個人的な見解になりますが、今回の改正は理系の人が有利に、文系の人が不利になる可能性が高いと思います。

そのため今後基本情報の受験を考えている人は、後の解説に目を通しておいた方が無難です。

参考資料:IPA(情報処理推進機構)における「プレス発表 基本情報技術者試験における出題を見直し」ページ
シロ
シロ

そっか。COBOL廃止か。

チョコ
チョコ

まあ受験生もCOBOLを選ぶ人は、今はほとんどいないからからな

シロ
シロ

ちなみにPythonってどんな言語なの?

チョコ
チョコ

最近よく聞く、機械学習やディープラーニングで用いられている言語だな。管理人はコードが読みやすいから割と好きな言語って言っているな

シロ
シロ

時代と共に基本情報技術者試験も変化するもんだね。

スポンサーリンク

2019~2020年の改正について

1.プログラミング言語「COBOL」を廃止

基本情報技術者試験では、2019年秋期試験をもって午後試験において出題されていた、
プログラミング言語「COBOL」を廃止されました。

IPA(情報処理推進機構)によると、

・教育機関等における指導言語としての利用の減少
・本試験における受験者の選択率の極端な低下

引用:IPA(情報処理推進機構)の「プレス発表 基本情報技術者試験における出題を見直し」ページ
「1.見直しの内容」における「(1)午後試験で出題するプログラム言語の見直し」より

が「COBOL」廃止の原因として挙げられるようです。

 

ちなみに以下のページでは、2019年秋期からの改正に関して、より詳しい情報を解説しています。

2019年度秋期試験の試験改正について 数学の問題が増えます
基本情報技術者試験における2019年秋期試験は、試験内容が一部改正されます。そこでこちらでは改正される内容について解説したいと思います。

改正に伴い出題率が上がりそうな問題を、過去に出題された問題から抜粋して紹介しているため、今後の試験内容が気になる人は、是非ともチェックしておいてください。

シロ
シロ

正直なところCOBOLに関しては、「ようやく廃止か」って意見も多かったよね

チョコ
チョコ

まあ日本でも、極一部でしか使われていない言語でもあるからな。人によっては古代言語なんて揶揄する人もいたな

シロ
シロ

そうだね。まあITという分野は、情報のサイクルが早い分野だからね。むしろ今までCOBOLという言語が、試験で使われていた方が不思議だったのかも・・・

チョコ
チョコ

今後も基本情報技術者試験は、今回みたいな変化や変更があると思う。

シロ
シロ

だからこそ基本情報技術者試験の受験生は、試験の申し込みをする前に、IPA(情報処理推進機構)の発表をチェックしておいた方が良いね

スポンサーリンク

2.プログラミング言語「Python」を追加

基本情報技術者試験の午後試験は、2020年春期試験よりプログラミング言語の選択言語に、
「Python(パイソン)」が追加されます。

そして変更に伴い、基本情報技術者試験の午後試験におけるプログラミング言語は、

  • アセンブラ言語
  • C言語
  • Java
  • 表計算
  • Python

以上の5つの言語から選択可能となります。

また選択言語「Python」については、IPA(情報処理推進機構)において、2019年10月よりサンプル問題が公開予定となっています。

そのため今後「Python」にて受験を考えている人は、今後発表されるサンプル問題をチェックしておいた方が良いでしょう。

 

チョコ
チョコ

新選択言語Pythonって、どのくらい難しい問題が出てくるんだろうな

シロ
シロ

どうだろうね。でも表計算より簡単になるって状況は考えづらいかも・・・

チョコ
チョコ

なんでだ?

シロ
シロ

理由としては、そもそも現在の表計算が、プログラミング言語の中でも最も簡単な部類に入るからね。

チョコ
チョコ

加えて今回の改正が、プログラミング能力を重視するといった話になっているようだな

シロ
シロ

もしこれでPythonの問題が簡単であると、プログラミング能力を重視するのに、
問題は簡単なのか? っていう疑問が生まれるからね

スポンサーリンク

3.午後試験の出題数、解答数、配点等の見直し

基本情報技術者試験は、2020年春期試験より
午後試験の出題数、解答数、配点等を見直します。

・改正後(変更点は赤字にて表記

・改正前

ちなみに上記の変更点から、いくつか注目すべきポイントを挙げると、

  • マネジメント系とストラテジ系の問題が統合されて1枠に
  • アルゴリズムとソフトウェア開発(プログラミング言語)の配点が5点アップする
  • セキュリティの配点が12点から20点へと上がっている
  • 問題数自体も7問から5問に減る

といった点に注意するべきと言えるでしょう。

 

また上記の内容を含めて試験傾向を考えると、基本情報技術者試験は2020年から、
よりプログラミング能力を重視する
内容に試験がシフトすると言えます。

他にも苦手な分野を他の分野でカバーするといった、ごまかしが利きにくい試験になるといった状況が考えられるでしょう。

シロ
シロ

これは大規模な改正だと言えるね・・・

チョコ
チョコ

まず午後試験における問題の回答数が、7問から5問に減っているという点がポイントだな。

シロ
シロ

文系にとっては冬の時代到来と言えるかも知れないね。・・・

スポンサーリンク

4.午前試験で数学に関する出題比率の見直し

基本情報技術者試験では、
午前試験における数学に関する出題比率の見直しを行います。

・理数能力を重視し、線形代数、確率・統計等、数学に関する出題比率を向上

引用:IPA(情報処理推進機構)の「プレス発表 基本情報技術者試験における出題を見直し」ページ
「(3)午前試験での数学に関する出題比率の見直し(適用時期:2019年の秋期試験から)」より

ただこちらの改正は、前述したプログラミング言語の廃止・追加、午後試験の見直しと違い、
2019年秋期試験より開始となっているようです。

そのため2019年秋期に試験を受けようと思っている人は、試験勉強において計算問題の練習を増やすといった工夫が必要になるでしょう。

 

2019年の改正に関する詳しい解説は、以下のページに記載してあります。

2019年度秋期試験の試験改正について 数学の問題が増えます
基本情報技術者試験における2019年秋期試験は、試験内容が一部改正されます。そこでこちらでは改正される内容について解説したいと思います。

数学の問題に関する解説も入れてあるため、是非ともチェックしてみてください。

シロ
シロ

午前試験における数学に関する出題比率の見直しも、文系の学生にとっては厳しい発表かも知れないね

チョコ
チョコ

ただこれだけ文系に不利な条件が揃っていながら、文系の人が試験に合格できれば、間違いなく大きな武器になる。

シロ
シロ

試験改修によって、内容は難しくなるかも知れないけど、この改修をチャンスだと思って、試験に取り組むと良いかもね

スポンサーリンク

新型コロナウイルスによる試験改正

・マークシート方式からCBT方式に変更

今後の基本情報技術者試験における最大の変更点、それは試験方式が紙とペンを使ったマークシート方式から、
パソコンを利用したCBT方式に変更するといった点です。

ちなみにCBT方式の試験とは、パソコンを利用した試験方式で、解答の入力にマウスを利用するといった方式です。

またパソコンを利用したCBT方式への移行により、
従来の大人数を収容できる試験会場から、最大でも30人程度が受験できる中小規模の会場への変更が予想できます。

そのため今後の試験では、受験申込という点においても、よく考慮して早い段階で決断しなければいけないかも知れません。

・CBT方式の注意点

CBT方式の試験を受ける場合、言語の命令文の把握は必須技能です。

というのもパソコンのマウスを使って試験問題のページ操作をすると、時間が掛かったり、どこまで試験問題を読んでいたか分からなくなるといった状況が発生します。

そのためCBT方式においては、選択したプログラミング言語の試験範囲である命令文は、できる限り覚えておいてください。

また命令文の把握が不十分でリファレンスを見ないとダメという場合は、試験が始まってからすぐに、リファレンスから命令文の概要をメモに写しておきましょう。

シロ
シロ

CBT方式の試験は、管理人も何回か受けた事が有ると言っていたけど。…

チョコ
チョコ

有線マウスが利用しにくいといった状況があったらしいな

シロ
シロ

家や学校のパソコンに比べて、画面が見づらい、マウスが操作しづらいなんて状況は、容易に想像できるから覚悟はするべきだろうね

・試験の実施期間は上期下期の2回に

2021年以降の基本情報技術者試験は、実施期間を上期下期の2回を予定しているようです。

ただ2020年に実施されるはずだった試験の延期もあって、従来の試験と同じような日程で開催されるとは限りません。

また今後も新型コロナウイルスの影響により、日程、会場の変更も十分に考えられるため、スケジュールの前倒し、代替案というものを用意しておく必要があると思います。

そのためどんな状況になっても臨機応変に動けるように、考えを巡らせておきましょう。

 

シロ
シロ

2020年の基本情報技術者試験は、春期試験が中止、秋に実施される試験も延期という形で、大きな打撃を受けたよね

チョコ
チョコ

受験生にとっても運営にとっても、基本情報技術者試験に関わる人にとっては最悪な状況だったと言えるな

シロ
シロ

だからこそ2021年以降は、2020年より最悪な状況は無かったと言えるぐらい、考え方をポジティブにしていきたいね

チョコ
チョコ

いつか良い状況になると思って、努力をするしかないからな

スポンサーリンク

・試験問題の持ち帰り+口外の禁止

2021年(2020年の代替試験)からは、基本情報技術者試験がCBT方式の試験に移行します。

そしてCBT方式への移行に伴い、
試験問題の持ち帰りができなくなるため注意が必要です。

またCBT試験では、
試験問題の口外もできなくなるため、どこかで答え合わせをやろうとしている人は注意してください。

シロ
シロ

今後の基本情報技術者試験では、試験問題の持ち帰りができなくなるということは、過去問題による勉強は意味がなくなるのかな?

チョコ
チョコ

意味がないという事は無いと思うぞ。というのも試験問題の内容については、大筋変わっていないからな

シロ
シロ

なるほど。

チョコ
チョコ

加えてこれはあくまでも、CBT方式を先に取り入れていたITパスポートによる話だが、ITパスポートは試験問題の公開を、春期秋期の2回に分けて行っている

シロ
シロ

となると、過去問題で試験対策をするという方法は、今後も変わずに利用できそうだね

チョコ
チョコ

もちろん予想に過ぎないが、悲観的になる必要もなさそうだから、心配はしなくて良いと思うぞ

・申込方法がインターネット受付のみ

今後の基本情報技術者試験では、新型コロナウイルス感染防止のため、
申し込み方法がインターネット受付のみになりました。

またインターネット受付の移行に伴い、試験日程、試験地の指定といったポイントにおいて、従来の試験とは違った形式になる可能性があります。

2020年の代替試験では、インターネット申し込み時に試験の日程と試験会場の指定、試験時間の詳細な指定も可能になっています。

そのため従来の試験で郵送申し込みをしていた人は、インターネット申し込みへの移行をしてください。

シロ
シロ

そっか今後の基本情報技術者試験では、郵送による申し込みはなくなるんだね

チョコ
チョコ

インターネットによる申し込みの場合、個人情報をパソコンや端末に入力するから、情報の取り扱いには十分に気をつけてくれ

シロ
シロ

最悪の場合、クレジットカードの情報が抜き取られるなんて可能性もあるから気をつけてね

スポンサーリンク

※本人確認の署名で筆記用具の持参が必要になります

以前コチラの見出しにて、基本情報技術者試験では筆記用具の必要がないとの記載をしておりましたが、CBT方式への移行に伴い、
本人確認の署名に伴い筆記用具の持参が必要になります。

間違った情報を記載していたことをお詫び申し上げます。

・令和4年4月の試験より受験料の見直し

基本情報技術者試験は、パソコンを利用したCBT方式への移行もあって、令和4年(2022年)4月の試験より受験料が、
5,700円→7,500円に改定されます。

また基本情報技術者試験だけでなく、IPA(情報処理推進機構)が管轄する試験は、もれなく受験料に改定が入るため注意が必要です。

試験の種類適応時期
筆記により実施する試験区分令和3年度秋期試験から適用
CBT方式で実施する試験区分令和4年(2022年)4月から実施する試験に適用

引用:IPAのプレス発表より
「情報処理技術者試験」「情報処理安全確保支援士試験」における受験手数料の改定について

そのためIPAが統括する試験を受ける際には、受験料の値上がりに注意した方が良さそうです。

まとめ

基本情報技術者試験では、2020から以下のような改修が入りました。

  • プログラミング言語「COBOL」を廃止
  • プログラミング言語「Python」を追加
  • 午後試験の出題数、解答数、配点等を見直し
  • 午前試験における数学に関する出題比率の見直し

以上の改修ポイントを踏まえて、個人的見解を言わせてもらうと、恐らく受験生は、試験を受けてみると問題が難しくなったという感想を持つかと思います。

理由としては、
理数の能力を重視している点とプログラミング能力を重視している点につきます。

どちらの要素も、今まで基本情報技術者試験において、難関とされていた要素であり、
更に出題が拡大するのであれば、相対的に試験の難易度は高くなるからです。

そのため今後試験を受ける受験生は、計算問題の練習を重視する、アルゴリズムやプログラミングの勉強を重視するといった勉強が重要になるでしょう。

もちろん従来の参考書を使った試験勉強も、勉強の比率を変えるといった工夫が必要になるため注意が必要です。

また新型コロナウイルスの影響により以下のような改正が入ります。

  • マークシート方式からCBT方式に変更
  • 試験の実施期間は上期下期の2回に
  • 試験問題の持ち帰りができない+問題を口外できない
  • 申し込み方法がインターネット受付のみ
  • 本人確認のための筆記用具が必要
  • 令和4年(2022年)4月の試験より受験料が上がる

特に従来の紙とペンを使ったマークシート方式からパソコンを利用したCBT方式に変更する点は、長い歴史を持つ基本情報の中でも、かなり大きい変更点です。

また普段の生活からパソコンに慣れていない受験生は、パソコンに慣れるという試験対策が必要になるかも知れません。

他にも試験問題の持ち帰りができなくなるため、試験対策が難しくなる点も、今後の試験を受ける人にとっては、とても重要な情報と言えるでしょう。

 

ちなみに本サイトでは、試験に出題される問題の分野ごとに、問題の傾向や解くべきポイントを解説しています。

選択問題
「選択問題」の記事一覧です。
アルゴリズム
「アルゴリズム」の記事一覧です。
表計算
「表計算」の記事一覧です。
アセンブラ
「アセンブラ」の記事一覧です。

午後試験の勉強において、苦手な分野を克服する、効率的に問題を解くにはどうしたら良いか、といったポイントに悩んでいる人は是非ともチェックしてみてください。

コメント

  1. あかさたな より:

    ただ単に、8問時代に合格した、基本情報技術者が損しただけだよこれ。
    同等に認められるってふざけているし理不尽すぎる。

    • くますけ より:

      あかさたなさん

      コメントありがとうございます。

      管理人のくますけです。

      確かにあかさたなさんの不満に関しては、私もその気持ちがよく分かります。

      例えば、平成20年と平成21年の試験、
      これらの試験では表計算が新しく午後試験の問題に加わった年であり、
      表計算の問題が簡単すぎた為、あかさたなさんと同様の意見や不満がよく挙がっていました。

      もちろん私も平成20年に試験を受けたため、
      平成21年の表計算の問題に不公平を感じていた一人です。

      しかしながら今回のような不公平感は、どのような試験であろうともあり得る話です。
      また基本情報技術者試験の場合、情報という変化が激しい分野を取り扱っているため、
      時代のニーズに合わせた試験内容の更新は仕方のないことだと言えます。

      むしろ基本情報技術者試験は、
      試験の変更に合わせて試験を受けなおす必要がないため、
      他のベンダー系の試験に比べれば、まだ楽で良心的な試験だと言えるでしょう。

      ちなみにそれでも不公平感が拭えないと思うのであれば、
      その不平不満を学業や仕事にぶつけるしかありません。
      そういった不公平感を感じない所まで自分のレベルを上げてしまえば、
      いつの間にか「一体何を気にしていたんだろう・・・」と考えられると思います。

      それでは長文になってしまいましたが、これで失礼します。

      • あかさたな より:

        極端な簡易化が「どのような試験であろうともあり得る話です。」で済めば、

        人数の多かったり力の強い別の業界の連中が集まって、情報処理憎しの私情一つで、いくらでも簡易化できてしまいますね。彼らにとってはコンセンサスを偽装する事も容易です。
        そうなってくると、「どのような試験であろうとも」という前提はもろくも崩れ去るでしょう。
        あまりにもあなたの書き込みは幼稚です。そんなに単純なことではないのです。
        現在、価値改竄のための恣意的な陳腐化が今多くの業界で問題視されています。

        >いつの間にか「一体何を気にしていたんだろう・・・」と考えられると思います。

        この書き込みも幼稚だと思います。私はよほどあなたより実務経験も多いはずです。馬鹿にしすぎです。

         確かに勉強以外のことを考えていれば試験どころではないので、気にしていられないと思うこともありましょう、経験済みです(舐めすぎですよ)。しかし、ある分野の試験を別の分野の職業人が集まって自分たちの専門分野より格下化させたり、政府の意見があたかも正しかったかのように作り直す工作のための簡易化は許されることではありません、なぜならば着服と同じですから。税金を払っているのも我々ですから当然です。前述のとおりそんなに単純なことではありません。私の家系は代々税理士をしていますが、国家試験を政府の嘘の学習期間実績の通りに作り直させて握り潰す工作は許されないものです。最近では高度プロフェッショナル制度の正当化のために就労期間統計の偽装、改竄、隠蔽の問題や、学校問題、検察官の定年延長化などの問題も関係ありますが、ここ30年間での技術革新が目覚ましいのに技術者の給与をなぜか下げ、経済に寄与するわけではない職業である会計士の監査報酬の値上げなど理不尽も多数あります。大学推薦の基準も簿記検定の難易度に落とすために、実用英検や通訳案内士、情報検定や情報処理技術者、技術士などの試験を簡易化させました。経理と技術職どちらも経験のある私にとっては複雑な心境ですが全体的には損をしたということでしょう。
         コネで入る行政人材ほど無試験で士業などを貰いやすい状態です。なぜならばコネで入る人はもともと財閥などに守られているケースが多いからです。そういった利権争いという背景がある中で刷新と称した簡易化をことごとく技術やコンサル業界ではしてきました。殆どの場合会計職側の一方的な案です。
         会計士団体に目をつけられた診断士は徹底簡易化したのも20年ほど前です。
         司法試験・予備試験も会計士試験並に簡易化しろとうるさいです。
         計理士、税理士、診断士、FPは会計士ならば簡易化して奪えるようにしろとうるさいです。
         10年前なら情報処理や電気通信などの資格です。
         最近は、鑑定士、技術士、建築士などの資格でしょうか。会計士より明らかに格下化して強引に簿記検定みたいな難易度にしろとうるさいのもそのためです。情報処理試験は第一種情報処理以下の資格を強引に簿記検定のような難易度に仕向けました。大学推薦なども人数の多い経理寄りに作る目的があったからです。

         幼稚だと書いた理由は
         目をつけられてライバル視をされた資格ほど徹底した簡易化の目にあっているからです。見通しがとても甘いです。
         「どのような資格でもありうるから我慢しなければならない」と思い込んで受け身になることは許されません。他力本願もいいところです。そんな道はありません。

        • くますけ より:

          あかさたなさん

          コメントありがとうございます。

          管理人のくますけです。

          大変申し訳ございませんが各試験や資格について、
          コメントのような不満をお持ちであれば、各試験や資格を統括している団体へお問い合わせされては如何でしょうか?

          そちらの方が、あかさたなさんが感じている不公平感や不満は解消できると思います。

          またそれでも試験や資格に不満や不公平感を感じるのであれば、
          試験や資格に頼らなくて済むように、就く仕事を考えてみたり、資格が必要ないぐらい仕事の経験を積むしかないでしょう。

          それでは失礼します。