基本情報技術者試験の試験改正について 2020年から大幅な変更へ

その他
スポンサーリンク

 

2019年1月24日、
基本情報技術者試験を統括しているIPA(情報処理推進機構)より
ビッグニュースが発表されました。

その内容とは、基本情報技術者試験の出題を見直すという発表です。

具体的な内容を挙げると、

改正するタイミングは以下の通りです。
・1の項目   2019年秋期を最後に廃止
・2~3の項目 2020年春期より開始
・4の項目   2019年秋期より開始

以上のようになっています。

 

どの内容も、今後の試験難易度に大きく関わってくる話であり、
受験生も教える人間にとっても、チェック必須の内容と言えるでしょう。

また個人的な見解になりますが、基本情報技術者試験は2019年秋期から、
理系の人が有利に、文系の人が不利になる可能性が高いと思います。

そのため今後1年以内に基本情報技術者試験の受験を考えている人は、
後の解説に目を通しておいた方が無難です。

参考資料:
IPA(情報処理推進機構)における
「プレス発表 基本情報技術者試験における出題を見直し」ページ

 

シロ
シロ

そっか。COBOL廃止か。

チョコ
チョコ

まあ受験生もCOBOLを選ぶ人は、今はほとんどいないからからな

シロ
シロ

ちなみにPythonってどんな言語なの?

チョコ
チョコ

最近よく聞く、
機械学習やディープラーニングで用いられている言語だな。
管理人はコードが読みやすいから割と好きな言語って言っているな

シロ
シロ

時代と共に基本情報技術者試験も変化するもんだね。

スポンサーリンク

 

1.プログラミング言語「COBOL」を廃止

基本情報技術者試験では、2019年秋期試験をもって
午後試験において出題されていたプログラミング言語「COBOL」を廃止します。

IPA(情報処理推進機構)によると、

・教育機関等における指導言語としての利用の減少
・本試験における受験者の選択率の極端な低下

引用:
IPA(情報処理推進機構)の「プレス発表 基本情報技術者試験における出題を見直し」ページ
「1.見直しの内容」における「(1)午後試験で出題するプログラム言語の見直し」より

が「COBOL」廃止の原因として挙げられるようです。

 

ちなみに以下のページでは、
2019年秋期からの改正に関して、より詳しい情報を解説しています。

2019年度秋期試験の試験改正について 数学の問題が増えます
基本情報技術者試験における2019年秋期試験は、試験内容が一部改正されます。そこでこちらでは改正される内容について解説したいと思います。

改正に伴い、出題率が上がりそうな問題を、
過去に出題された問題から抜粋して紹介しているため、
今後の試験内容が気になる人は、是非ともチェックしておいてください。

 

シロ
シロ

正直なところCOBOLに関しては、
「ようやく廃止か」って意見も多かったよね

チョコ
チョコ

まあ日本でも、極一部でしか使われていない言語でもあるからな。
人によっては古代言語なんて揶揄する人もいたな

シロ
シロ

そうだね。
まあITという分野は、情報のサイクルが早い分野だからね。
むしろ今までCOBOLという言語が、
試験で使われていた方が不思議だったのかも・・・

チョコ
チョコ

今後も基本情報技術者試験は、
今回みたいな変化や変更があると思う。
だからこそ、基本情報技術者試験の受験生は、
試験の申し込みをする前に、
IPA(情報処理推進機構)の発表をチェックしておいた方が良いぞ

スポンサーリンク

 

2.プログラミング言語「Python」を追加

基本情報技術者試験の午後試験は、
2020年春期試験よりプログラミング言語の選択言語に
「Python(パイソン)」が追加されます。

そして変更に伴い、
基本情報技術者試験の午後試験におけるプログラミング言語は、

・アセンブラ言語
・C言語
・Java
・表計算
・Python

以上の5つの言語から選択可能となります。

 

また選択言語「Python」については、
IPA(情報処理推進機構)において、
2019年10月よりサンプル問題が公開予定となっています。

そのため今後「Python」にて受験を考えている人は、
今後発表されるサンプル問題をチェックしておいた方が良いでしょう。

 

チョコ
チョコ

新選択言語Pythonって、
どのくらい難しい問題が出てくるんだろうな

シロ
シロ

どうだろうね。
でも表計算より簡単になるって状況は考えづらいかも・・・

チョコ
チョコ

なんでだ?

シロ
シロ

理由としては、そもそも現在の表計算が、
プログラミング言語の中でも最も簡単な部類に入るからね。
あと今回の改正が、
プログラミング能力を重視するといった話になっているからかな

チョコ
チョコ

なるほど。

シロ
シロ

もしこれでPythonの問題が簡単であると、
プログラミング能力を重視するのに、
問題は簡単なのか? っていう疑問が生まれるからね

チョコ
チョコ

ふむふむ。

シロ
シロ

そもそもPythonって言語は色々なことができる言語でもあるから、
恐らく表計算やアルゴリズムみたいな
単純な問題にはならないと思うよ

スポンサーリンク

 

3.午後試験の出題数、解答数、配点等を見直し

基本情報技術者試験は、2020年春期試験より
午後試験の出題数、解答数、配点等を見直します。

 

具体的には以下の通りです。

・改正後(変更点は赤字にて表記

問題番号分野選択方法配点
出題数回答数
問1情報セキュリティ解答必須20点
問2~問4

ソフトウェア・ハードウェア、データベース、
ネットワーク、ソフトウェア設計

3問2問各15点
問5プロジェクトマネジメント、サービスマネジメント、システム戦略、経営戦略、企業と法務1問
問6データ構造とアルゴリズム解答必須25点
問7~問11ソフトウェア開発(C言語、Java、Python
アセンブラ言語、表計算ソフト)
5問1問25点
合計11問5問100点

 

・改正前

問題番号分野選択方法配点
出題数回答数
問1情報セキュリティ解答必須12点
問2~問4

ソフトウェア・ハードウェア、データベース、
ネットワーク

3問4問各12点
問5ソフトウェア設計1問
問6プロジェクトマネジメント、サービスマネジメント1問
問7システム戦略、経営戦略、企業と法務1問
問8データ構造とアルゴリズム解答必須20点
問9~問13ソフトウェア開発(C言語、Java、COBOL、
アセンブラ言語、表計算ソフト)
5問1問20点
合計13問7問100点

 

ちなみに上記の変更点から、
いくつか注目すべきポイントを挙げると、

マネジメント系とストラテジ系の問題が統合されて1枠に
・アルゴリズムとソフトウェア開発(プログラミング言語)の配点が5点アップする
・セキュリティの配点が12点から20点へと上がっている
・問題数自体も7問から5問に減る

といった点に注意するべきと言えるでしょう。

 

また上記の内容を含めて試験傾向を考えると、
基本情報技術者試験は2020年から、
よりプログラミング能力を重視する
内容に試験がシフトすると言えます。

他にも苦手な分野を他の分野でカバーするといった、ごまかしが利きにくい試験になる
といった状況が考えられるでしょう。

 

シロ
シロ

これは大規模な改正だと言えるね・・・

チョコ
チョコ

まず午後試験における問題の回答数が、
7問から5問に減っているという点がポイントだな。
長文問題によって点数が稼ぎにくくなっているから、
文系には冬の時代到来と言えるかも知れない

シロ
シロ

ただ試験自体を考えれば、
試験が改正されて良かったのかも知れないよ。
試験の価値自体は、改正されている内容が認知されれば、
確実に向上するからね

チョコ
チョコ

確かに今までが異常だったのかもな。
今までの試験はどちらかと言えば、
文章から問題を読み取る能力が重視されていたところが有ったからな

スポンサーリンク

 

4.午前試験における数学に関する出題比率の見直し

基本情報技術者試験では、
午前試験における数学に関する出題比率の見直しを行います。

・理数能力を重視し、線形代数、確率・統計等、数学に関する出題比率を向上

引用:
IPA(情報処理推進機構)の「プレス発表 基本情報技術者試験における出題を見直し」ページ
「(3)午前試験での数学に関する出題比率の見直し(適用時期:2019年の秋期試験から)」より

ただこちらの改正は、
前述したプログラミング言語の廃止・追加、午後試験の見直しと違い、
2019年秋期試験より開始となっているようです。

そのため2019年秋期に試験を受けようと思っている人は、
試験勉強において計算問題の練習を増やすといった工夫が必要になるでしょう。

 

2019年の改正に関する詳しい解説は、以下のページに記載してあります。

2019年度秋期試験の試験改正について 数学の問題が増えます
基本情報技術者試験における2019年秋期試験は、試験内容が一部改正されます。そこでこちらでは改正される内容について解説したいと思います。

数学の問題に関する解説も入れてあるため、是非ともチェックしてみてください。

 

シロ
シロ

午前試験における数学に関する出題比率の見直しも、
文系の学生にとっては厳しい発表かも知れないね

チョコ
チョコ

ただこれだけ文系に不利な条件が揃っていながら、
文系の人が試験に合格できれば、間違いなく大きな武器になる。

シロ
シロ

試験改修によって、内容は難しくなるかも知れないけど、
この改修をチャンスだと思って、試験に取り組むと良いかもね

スポンサーリンク

 

まとめ

基本情報技術者試験では、今後以下のような改修が予定されています。

1.プログラミング言語「COBOL」を廃止
2.プログラミング言語「Python」を追加
3.午後試験の出題数、解答数、配点等を見直し
4.午前試験における数学に関する出題比率の見直し
内容を改正するタイミングは以下の通りです。
・1の項目   2019年秋期を最後に廃止
・2~3の項目 2020年春期より開始
・4の項目   2019年秋期より開始

以上の改修ポイントを踏まえて、個人的見解を言わせてもらうと、
恐らく受験生は、試験を受けてみると問題が難しくなったという感想を持つかと思います。

理由としては、理数の能力を重視している点とプログラミング能力を重視している点につきます。

どちらの要素も、今まで基本情報技術者試験において、難関とされていた要素であり、
更に出題が拡大するのであれば、相対的に試験の難易度は高くなるからです。

 

そのため今後試験を受ける受験生は、
計算問題の練習を重視するアルゴリズムやプログラミングの勉強を重視するといった
勉強が重要になるでしょう。

もちろん従来の参考書を使った試験勉強も、
勉強の比率を変えるといった工夫が必要になるため注意が必要です。

 

ちなみに本サイトでは、
試験に出題される問題の分野ごとに、問題の傾向や解くべきポイントを解説しています。

選択問題
「選択問題」の記事一覧です。
アルゴリズム
「アルゴリズム」の記事一覧です。
表計算
「表計算」の記事一覧です。
アセンブラ
「アセンブラ」の記事一覧です。

午後試験の勉強において、
苦手な分野を克服する、効率的に問題を解くにはどうしたら良いか、
といったポイントに悩んでいる人は是非ともチェックしてみてください。

コメント

  1. あかさたな より:

    ただ単に、8問時代に合格した、基本情報技術者が損しただけだよこれ。
    同等に認められるってふざけているし理不尽すぎる。

    • くますけ より:

      あかさたなさん

      コメントありがとうございます。

      管理人のくますけです。

      確かにあかさたなさんの不満に関しては、私もその気持ちがよく分かります。

      例えば、平成20年と平成21年の試験、
      これらの試験では表計算が新しく午後試験の問題に加わった年であり、
      表計算の問題が簡単すぎた為、あかさたなさんと同様の意見や不満がよく挙がっていました。

      もちろん私も平成20年に試験を受けたため、
      平成21年の表計算の問題に不公平を感じていた一人です。

      しかしながら今回のような不公平感は、どのような試験であろうともあり得る話です。
      また基本情報技術者試験の場合、情報という変化が激しい分野を取り扱っているため、
      時代のニーズに合わせた試験内容の更新は仕方のないことだと言えます。

      むしろ基本情報技術者試験は、
      試験の変更に合わせて試験を受けなおす必要がないため、
      他のベンダー系の試験に比べれば、まだ楽で良心的な試験だと言えるでしょう。

      ちなみにそれでも不公平感が拭えないと思うのであれば、
      その不平不満を学業や仕事にぶつけるしかありません。
      そういった不公平感を感じない所まで自分のレベルを上げてしまえば、
      いつの間にか「一体何を気にしていたんだろう・・・」と考えられると思います。

      それでは長文になってしまいましたが、これで失礼します。